1TB SSD初の税込3万円切り。SanDisk「X300」シリーズが東映各店にて明日29日より特価販売開始

2016.01.28 17:23 更新

2016.01.28 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
SSD

 ここにきて急速に価格が下落している2.5インチSSDだが、1TBクラスでは初となる税込30,000円以下を実現したSanDisk「X300」シリーズの特価販売が、明日29日より東映各店にてスタートする。

SanDisk「X300」シリーズの1TBモデルが税込29,980円

SanDisk X300シリーズ
SD7SB7S-010T-1022(1TB) 販売価格税込29,980円(29日発売)
http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2014/1001/87309
SanDisk「X300」シリーズ1TBモデル「SD7SB7S-010T-1122」の特価販売が明日29日(金)よりスタート

今年に入り急速に下落が進む2.5インチSSD。特に1TBクラスの製品ではその傾向が顕著で、先週末には税抜ながら30,000円以下の製品も登場してきている。そして明日29日(金)から東映系列各店にて、遂に税込初となる30,000円切りを実現したSanDisk「X300」シリーズ1TBモデル「SD7SB7S-010T-1122」の特価販売が開始される。

スペックをおさらいしておくと、TLC NANDフラッシュを採用する7mm厚2.5インチSSDで、シーケンシャル読込520MB/sec、書込460MB/sec、ランダム読込90,000 IOPS、書込74,000 IOPS、書込耐性は80TBW。

1TBモデルの価格がここまで下がってくれば、データドライブのSSD化を検討してもいいだろう

販売ショップは、パソコンハウス東映テクノハウス東映東映ランド東映無線ラジオデパート店の4店舗。いずれも数量限定で、購入数は1人あたり1台までとなる。

文: GDM編集部 Tawashi / 池西 樹
SanDisk Corporation: http://www.sandisk.com/

totop