まもなく販売開始。Mini-ITX専用水冷ユニットCORSAIR「H5 SF」の実機サンプルが入荷

2016.01.26 03:01 更新

2016.01.26 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

 国内市場での発売日確定以来、注目が集まるCORSAIR(本社:アメリカ カリフォルニア州)のMini-ITX専用オールインワン水冷ユニット「H5 SF」(型番:CW-9060023-WW)。その実機がオリオスペックに入荷済みだ。

市場での反応やいかに。Mini-ITX専用設計のオールインワン水冷まもなくデビュー

CORSAIR「H5 SF」(型番:CW-9060023-WW)
市場想定売価税抜13,480円(1月30日発売)

http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2016/0122/148669

1月22日付けプレスリリース以降、注目を集めているMini-ITX専用オールインワン水冷ユニット「H5 SF」。1月30日の発売日を前に、早くも先週末にはオリオスペックに実機サンプルが入荷。予約の受付がスタートしている。

本体はブロワファンと167×40×57mmのラジエター、ウォーターブロックで構成
サイドに小型ポンプを装備。柔軟な設置を可能にする低透過性ラバーチューブを採用する
受熱ベースに銅製プレートを採用したウォーターブロック

スペックをおさらいしておこう。170mm四方のマザーボードを覆い隠すユニット本体には、120mm径32mm厚(PWM / 1,000~1,800rpm / 2.5~8.3mm-H2O / 12~24CFM / 36~42dBA)のブロワファンを搭載。167×40×57mmのラジエター(全高84mm)、受熱ベースに銅製プレートを採用したウォーターブロックで構成され、Mini-ITX規格に最適化されている。

Mini-ITX対応マザーボードへの搭載イメージ。グラフィックスカード用のスペースは確保されている事が分かる
メモリスロットに覆い被さるものの、高さ40mmまでのメモリが搭載可能 若干動作音が気になるブロワファンを備え、外部に熱を排気する仕組み

対応ソケットはIntel LGA115x / 1366、AMD Socket AM2 / AM3 / FM1 / FM2。外形寸法はW167×D270×H65mm、重量約882g。製品保証は5年間。ちなみにメーカー発表によると、推奨PCケースに以前詳細検証をお届けした「Obsidian Series 250D」が挙げられている。

ちょっとどころか、大いに気になる「H5 SF」。国内市場での販売開始は今週末30日(土)だ。

文: GDM編集部 Tawashi
CORSAIR: http://www.corsair.com/
株式会社リンクスインターナショナル: https://www.links.co.jp/
株式会社アスク: http://www.ask-corp.jp/

totop