1TBもラインナップ。SAMSUNGの新エントリー向けSSD「SSD 840 EVO」明日7日より販売開始

2013.08.06 17:05 更新

2013.08.06 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

 SAMSUNGのエントリー向けSATA3.0対応SSD「SSD 840 EVO」シリーズの入荷を複数店舗で確認。明日7日より発売が開始される。

  • 0806_01_akiba_1024x768_01
  • 1010_01_akiba_1024x768_02

ターボライトテクノロジーと新コントローラ採用で、「SSD 840 PRO」並のパフォーマンスを実現

1010_01_akiba_1024x768_03

SAMSUNG の新エントリー向けSSD「SSD 840 EVO」シリーズ

ケース厚は7mmで、最大容量は1TB。Ultrabookや薄型ノートPCの大容量/高速化に最適だ

プレスリリースで既報のSAMSUNG製SATA3.0対応SSD「SSD 840 EVO」シリーズの販売が明日7日より開始される。取材時に入荷を確認したのは、パソコンショップアークオリオスペックBUY MORE秋葉原本店パソコンハウス東映の4店舗で、容量は1TB、750GB、500GB、250GB、120GBの5モデル。ただし、750GBモデルは一部ショップで取り扱いがないため注意してほしい。

「SSD 840」後継に当たるエントリー向けモデルらしく、手頃な価格設定 TLC NANDフラッシュの欠点である書き込み速度を補うため「ターボライト」機能を搭載

「SSD 840 EVO」シリーズは、1セルに3bitのデータが書き込めるToggle TLC NANDフラッシュを採用した新エントリー向けSSD。NANDフラッシュの一部を高速バッファとして使用する「ターボライトテクノロジー」により、TLCの弱点であるシーケンシャル書込を大幅に高速化。さらに第5世代MEXコントローラとキャッシュメモリの増量により、ランダムアクセス速度も改善されている。

NANDフラッシュの一部を予備領域として利用することで信頼性を確保。TLCモデルながら3年間の長期保証を提供している

転送速度は容量によって異なるが、最も高速な1TBモデルでシーケンシャル読込540MB/s、シーケンシャル書込520MB/s、ランダム読込98,000 IOPS、ランダム書込90,000 IOPS。外形寸法はW69.85×D100×H6.8mm、重量約53g。MTBFは150万時間で、製品には3年保証が提供される。

1010_01_akiba_1024x768_06 1010_01_akiba_1024x768_07
ベーシックモデルでは、SSD本体の他に専用ソフトが同梱されたCD-ROMが付属する

文: GDM編集部 Tawashi/GDM編集部 池西 樹
製品情報(ITGマーケティング株式会社): http://www.itgm.co.jp/product/2013-pr004/

totop