UEFI対応のASUS製PCIe SSD拡張カード「RAIDR Express PCIe SSD」、明日27日より一斉販売開始

2013.07.26 17:46 更新

2013.07.26 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

 国内取り扱い開始が正式リリースされた、ASUSTeK製RAID SSD拡張カード「RAIDR Express PCIe SSD」が、予定通り明日27日より発売される。

  • 0726_01_akiba_1024x768_01
  • 0726_01_akiba_1024x768_02

読込830MB/sec、書込810MB/secのPCIe2.0対応RAID SSDカードがASUSTeKから

PCI-Express2.0(x2)に対応した「RAIDR Express PCIe SSD」

「RAIDR Express PCIe SSD」は、PCI-Express2.0(x2)に対応したSSD拡張カード。容量は240GBで、NANDフラッシュには東芝19nmプロセスのMLCタイプ(ページサイズ16KB)を採用している。
 PCI-Express2.0(x2)の広い帯域幅を活かし、内部で2台のSSDをRAID 0構成で搭載。シーケンシャル読込830MB/sec、書込810MB/sec、ランダムアクセス100,000 IOPSの高速転送を実現している。

R.O.G.シリーズのロゴがプリントされた、裏面の金属シールド UEFIモードとBIOSモードを切り替える「DuoMode SW」

またUEFIにネイティブ対応し、従来のBIOSシステムに比べてPOST時間が短いのも特徴。なお基板上の「DuoMode SW」で、BIOSモードへの切り替えも可能なため、BIOS仕様のオールドマザーボードでも使用できる。
 対応OSはWindows 8/7で、OS標準ドライバによる認識も可能。製品にはSSD+HDDハイブリッドディスクを構築する「ROG HybriDisk」、RAMディスク構築ソフト「RAMDisk」、RAMディスク最適化ソフト「SSD TweakIt」などが付属される。

PCI-Express対応SSDでは珍しく、OS標準ドライバで認識可能。ただしパフォーマンスを最大限に発揮するにはOSインストール後に専用ドライバのインストールが必要になる

なお取材時に入荷を確認したショップおよび価格は、BUY MORE秋葉原本店が税込37,800円、OVERCLOCK WORKSTSUKUMO eX.ツクモDOS/Vパソコン館ツクモパソコン本店ドスパラ パーツ館が税込39,980円。

文: GDM編集部 Tawashi/GDM編集部 池西 樹
製品情報(ASUSTeK): http://www.asus.co.jp/News/oA4MzY4Ph2tml4LP/

totop