【ササキチとアキバ語り Vol.002】勤続10年以上のベテランメイドに聞く「メイドカフェ」のかつて・いま・これから

2018.07.09 00:00 更新

2018.07.09 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

アキバのあちこちと繋がるアキバブロードキャスターのササキチが、この街で活躍する“人”に直撃する「アキバ語り」。今回のお相手は、アキバでも有数の老舗メイドカフェ「Cafe Mai:lish(カフェ メイリッシュ)」で働くベテランメイドのお二人だ。熱狂的ブームの真っただ中に飛び込んだ世界、そこから見えるアキバの景色とは?この街とそこにあり続けるメイドカフェについて、その想いを語ってもらった。

「メイドカフェ」と出会うまで

180703sskt_1024x768c 180703sskt_1024x768d
数あるメイドカフェの中でも、屈指の老舗店として知られている「メイリッシュ」の店長まほれさん。メイドブーム全盛期から同店一筋で活躍、メイド歴は今年で13年目になる 「メイリッシュ」副店長のまゆみさん。4年前に同店に移籍する前から、某メイドカフェの店員として業界では有名な存在だった。メイドとしてのキャリアは、まほれさんとほぼ同じくらい
  • ササキチ
    いまやアキバを語る上で、メイドカフェって絶対に外せない文化だと思うんですよ。そしてこのジャンルを語るなら、ぜひアキバのメイドさんたちに一目置かれているお二人にお話を聞きたかった。そもそもどういったキッカケでメイドさんになろうと思ったんですか?
  • まほれさん
    私が働くことを意識し始めた頃は、大阪に住んでいたんですよ。当時は衣装を作って毎月コスプレイベントに参加していて、その延長でコスプレしながら働ける場所はないかな・・・と、漠然と考えていました。まだ大阪の方には、メイドカフェなんてなかった頃のお話です。
180703sskt_1024x768e 聞き手は、おなじみアキバブロードキャスターことササキチ。在りし日は週5でメイドカフェに通っていたことも
  • ササキチ
    メイドの前は、ファミレスの制服ブームみたいなものがありましたよね。「アンナミラーズ」にはカリスマウェイトレスさんがいたり。その頃アキバでやってた「Piaキャロレストラン」は、メイドカフェの原点みたいなものでした。
  • まほれさん
    そう!かわいい制服のお店で働きたかったんですよ。ちょうどそのタイミングで東京に引っ越すことになって、私も「アンナミラーズ」でしばらくお世話になっていました。でも「ガイアの夜明け」でメイリッシュが紹介された(2003年放映)のを見て、衝撃を受けたんですよね。そこで初めて「メイドカフェ」のことを知ったんです。
  • ササキチ
    僕も覚えてますよ!メイドカフェのメディア露出第1号ですよね。その頃は伝説のトップメイドのありささんが在籍していて、それ系の雑誌には決まってメイリッシュが載っていました。
  • まほれさん
    そうなんですよ。それでメイドさんになりたい!と思って、どのお店にしようか迷いつつ、メイリッシュを受けたんです。ヤンキーとかロリータとか、コスプレ系のイベントがすごく多かったところにも惹かれました。メイドさんもコスプレもできるぞと。面接でも「ヤンキーやりたいです!」とか言っていた気がします(笑)。
  • ササキチ
    最初の頃は「メイドカフェ」というより、コスプレカフェのジャンルの一つがメイド・・・という感覚でしたしね。ちなみにそれは、具体的にいつ頃の話になりますか?
  • まほれさん
    私がメイドになって今年で13年目なので、2005年ですね。最初の1年はアンミラとの掛け持ちで、向こうが終わってからこっちに入って・・・なんて時もあって大変でした。当時は内緒でしたけど(笑)。
180703sskt_1024x768f
今回やってきたのは、もうすぐ創業16年を迎えるメイドカフェの老舗店「Cafe Mai:lish(カフェ メイリッシュ)」。落ち着いたスタイルの正統派メイドカフェとして、その黎明期から長くファンに愛されてきた
  • ササキチ
    それじゃあ次はまゆみさんにお聞きしましょう。そもそも最初にメイドカフェを知ったキッカケは何だったんですか?
  • まゆみさん
    私の場合は、地下アイドルとして活動していた時に教えてもらったのが最初ですね。当時一緒にイベントに出ていた方にメイリッシュのオープニングメンバーがいて、「今度ここで働くんですよ~」って感じで。ただ「メイドカフェ」が何かは、よく分かっていなかったんです。ミュージックバーみたいにステージで歌ったりするのかな?くらいの感覚でした。
  • ササキチ
    メイリッシュができる頃の話ですから、まだメイドカフェのイメージは固まっていないですよね。でもそれから、じわじわとメイドカフェの話題を耳にするようになってくると。
  • まゆみさん
    学生時代のバイト仲間がやっていたBBSでも話題になっていまして、メイドカフェってなんだろう、行ってみよう!と。オタクの間では、結構早い内から情報が出回っていたんですよ。試しに行ってみると、地下アイドル界隈の方々がお客さんとしてたくさん来ているんですね。そこで、これはメイドをやれば宣伝になるんじゃ・・・と考えたんです。動機が不純ですね(笑)。
180703sskt_1024x768g
  • ササキチ
    でもその頃は今ほどネットが一般的じゃなかったし、有効な宣伝方法ですよね。それでメイドさんになろうと決めたワケですが、入ったお店はメイリッシュじゃなかったんですよね。
  • まゆみさん
    いざ探してみると色んなお店があるし、ホームページもタレント事務所みたいでビックリした記憶があります。あれこれ悩んだ結果、まずメイリッシュは駅から遠いので却下(笑)。結局一番駅から近かったので前にいたお店にしたんですけど、当時は劇団員やアイドルとして活動している人はダメっていう決まりがあったんですよ。それで一時期は、私も「アンナミラーズ」で働いていました。
  • ササキチ
    えっ、じゃあ二人とも同じじゃないですか!前歴はアンミラ、というメイドさんは多そうですね。
  • まほれさん
    実際に当時のメイドさんのアンミラ率は、かなり高かったですよ。やっぱりかわいい服を着て働きたい、という子が多いからだと思います。よく「どこどこ店にいました~」なんて言い合ってました。それに次いで多かったのは巫女さんですね。
  • ササキチ
    しかしメイドさんはアイドルやっちゃダメ、という縛りがあったのは意外でした。むしろプロモーションを兼ねてメイドさんとして活動する、というスタイルは、時代的に先取り感もあります。でも結局、しばらくしてそのお店に入ることになったワケですか。
  • まゆみさん
    ちょうどメンバーの入れ替えなんかもあったりして、最初はイベント担当のメイドさんとして声を掛けてもらったんです。その後に紆余曲折があって、お店にも立つことに。私も最初は掛け持ちでしたけど、「オタクのままでいていいんだ」っていう居心地のよさもあって、やっぱり自分がやりたいのはメイドだな、と。もちろん“不純な動機”もあったわけですけどね(笑)。
totop