【COMPUTEX】スチール板をキャンバスにパーツを自由に配置する“フリーレイアウト”PCケースがSTREACOMから

2018.06.13 12:00 更新

2018.06.13 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

ベースとなるスチール板に、磁石でPCパーツを貼り付ける“フリーレイアウトスタイル”を提唱するPCケース「CANVAS」をSTREACOM(本社:オランダ)のプライベートブースで発見。スタートアップ企業Maverickとのコラボレーションモデルで、今後クラウドファンディング「INDIEGOGO」で資金調達が予定されている。

ネオジム磁石を使いパーツを自由に配置できる

2018Comp_0613_Streacom_1024x768_03

複数台のPCを所有する自称PCマニアの開発者Michael Khalil氏。追加PCを置くスペースがなくなったことで、決められたPCケースに収めるのではなく、より自由なスタイルで使える“フリーレイアウトスタイル”を思いついたとのこと

毎年「COMPUTEX TAIPEI」に合わせてユニークなPCケースを持ち込むSTREACOM。今年は、スタートアップ企業Maverickとのコラボレーションモデルとなる「CANVAS」を発表した。

2018Comp_0613_Streacom_1024x768_04 2018Comp_0613_Streacom_1024x768_05
「CANVAS」のキモとなるのが、サイズの異なる「ネオジム磁石」を内蔵したマウンタ。これらを使いスチール板のベース部分にPCパーツを貼り付けていくワケだ

ベースとなるスチール板に、ネオジム磁石を使い自由にPCパーツを配置できる“フリーレイアウトスタイル”を採用するのが特徴。固定用のネオジム磁石(1個で約2kgまで対応)はPCパーツに合わせて複数の種類が用意され、電源やラジエター、グラフィックスカードなど重量のあるパーツはガイドレールを使い複数を組み合わせることで安定性を高めているという。なお磁石を使うことで、PCパーツへの影響を確認したところ「社内テストでは一切問題は発生しなかった」とのこと。

2018Comp_0613_Streacom_1024x768_06 2018Comp_0613_Streacom_1024x768_09
重量のある電源ユニットなどは付属のガイドレールが用意され、複数の磁石マウンタを装着できる

ただし今回の製品は完全なプロトタイプで、グラフィックスカードを搭載するライザーケーブルをどうするかや、各種配線をどうするのかなど解決しなければいけない問題はまだまだ多い。またベースとなるスチール板のサイズなどについても、今回のフィードバックをもとに決定していく予定だ。

2018Comp_0613_Streacom_1024x768_08
磁石で固定するだけのため、パーツの位置は簡単に調整することができる

それらの改良が終わったあとクラウドファンディング「INDIEGOGO」で資金調達が行われる。資金調達が成功すればすぐに生産を開始し、約10週間ほどで製品の準備が完了、STREACOMを通じて販売が開始される。

2018Comp_0613_Streacom_1024x768_11
プライベートブースには2種類のサイズの異なるサンプルが持ち込まれていたが、実際の製品ではどちらのサイズになるのか現時点では不明。なおフロント部には4mm厚の強化ガラスパネルが用意される

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
STREACOM: http://www.streacom.com/
COMPUTEX TAIPEI 2018 記事一覧: http://www.gdm.or.jp/computex2018/

totop