【コレオシ】AMD党が選んだRadeon VII搭載グラフィックスカードはあのメーカー

2019.04.15 00:00 更新

2019.04.15 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket

本日のコレオシは、ツクモの中でも特にAMD党が多いツクモDOS/Vパソコン館から。CPU・グラフィックスカードともにAMD製を貫いている生粋のAMD党、長藤さんが購入したRadeon VIIを紹介してもらおう。

Vol.1651 ~ツクモDOS/Vパソコン館 長藤さん
Phantom Gaming X Radeon VII 16G 売価税抜86,000円
http://www.gdm.or.jp/review/2019/0207/292897

2月に発売されたRadeon VIIをようやく手に入れました。いろいろなメーカーから発売されていますが、選んだのはASRock「Phantom Gaming X Radeon VII 16G」。決め手は、ほとんどが1年保証のところ、ASRockは安心の2年保証。中身はどのメーカーもリファレンス仕様だけに、保証期間の長さはアドバンテージになります。お客さんからの指名買いも多い製品です。

20190414_kore_1024x768_03 20190414_kore_1024x768_04
最安クラスに設定された価格も魅力のASRock「Phantom Gaming X Radeon VII 16G」。今もなお入荷後完売するショップが後を絶たない

ちなみに、以前使っていたのは、SAPPHIREのRadeon RX Vega 64を搭載する「NITRO+ RADEON RX VEGA 64 8G HBM2 LIMITED EDITION」。Radeon VIIに交換後、フレームレートもゲームによって20%~30%は向上するなど、性能については文句なしのパフォーマンスを見せてくれています。

ただしトリプルファンを搭載するリファレンスクーラーの動作音はかなり元気。将来的にはDIY水冷化も視野に入れていますが、ひとまず長年愛用しているNZXTのPCケース「H440」のエアフローは見直しが必要のようです。

20190414_kore_1024x768_05

今年は第3世代RyzenやNaviアーキテクチャを採用するGPUも控えているだけに、そちらも気になるところ。AMD党を自認する身としては、夏に向けて予算を確保しておかないといけませんね。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 Tawashi
ASRock: https://www.asrock.com/
ツクモDOS/Vパソコン館: http://www.gdm.or.jp/shop/tsukumo-dosv/

totop