エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
平日から注目の特価がいろいろ登場【ツクモパソコン本店】
RAID対応の2.5インチ外付けケースが限定特価【パソコン工房秋葉原BUYMORE店】
【コレオシ Vol.1474】ショップスタッフが組み上げた限定各1台の中古ゲーミングPCに注目
5月24日(水)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
M.2 SSD&HDDのツインドライブ搭載15.6型フルHDノートPC、STYLE∞から発売
Surface Pro 3と4に対応するBrydgeブランドのハードケース一体型Bluetoothキーボード
B350チップ採用のRyzen対応ゲーミングマザーボード、ASUS「ROG STRIX B350-F GAMING」
最長3ヶ月動作に対応する電池駆動ネットワークカメラ、Sailix「Eagles E5」
ずぼらな僕らに最適な、スマホ・タブレット用ケーブル収納ボックスが上海問屋から
売価3万円台のオリジナルケース採用エントリーPC、ストーム「Storm Element H110v2」

HOTNEWS
● 実測約3.0GB/s。東芝製MLC採用の高速NVMe SSD、Apacer「Z280 M.2 PCIe SSD」検証
● これで全てが分かる。In Win「301」徹底解説
● 吸排気のデュアルファンを備えた古くて新しい電源ユニット、ENERMAX「Revolution DUO」は正解なのか
● 最強コンパクトPCの夢を叶える、初のRyzen対応Mini-ITXマザーボードBIOSTAR「X370GTN」
● 多彩なライティング機能で上を行くRyzen対応マザーボード。MSI「X370 GAMING PRO CARBON」


1これで全てが分かる。In Win「301」徹底解説
2最強コンパクトPCの夢を叶える、初のRyzen対応Mini-ITXマザーボードBIOSTAR「X370GTN」
3吸排気のデュアルファンを備えた古くて新しい電源ユニット、ENERMAX「Revolution DUO」は正解なのか
4実測約3.0GB/s。東芝製MLC採用の高速NVMe SSD、Apacer「Z280 M.2 PCIe SSD」検証
5多彩なライティング機能で上を行くRyzen対応マザーボード。MSI「X370 GAMING PRO CARBON」

Home > レビュー > 撮って出し
これで全てが分かる。NZXT「H440 Designed by Razer Edition」徹底解説
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.373

これで全てが分かる。NZXT「H440 Designed by Razer Edition」徹底解説


2014年11月21日
TEXT:GDM編集部 松枝 清顕
RSS
 エルミタレビューでは久々の登場となる、NZXT。今回編集部に届けられたのは、ゲーミングブランドRazerとのコラボレーションにより企画されたミドルタワーPCケース「H440 Designed by Razer Edition」(以下:H440 Razer Edition)だ。
 このモデルのベースとなったのは、2014年1月に発表され、日本国内市場では3月より発売中の「H440」。フルブラック塗装のボディに、RazerのコーポレートカラーであるグリーンのLEDをあしらったクールな「デザインPCケース」に仕上げられた。人気上昇中のPCケースメーカーと、世界中のPCゲーマー御用達ブランドRazerの強力タッグにより実現した注目の新製品を、実際に組み込んで検証してみよう。
NZXT「H440 Designed by Razer Edition」 市場想定売価20,000円前後
製品情報(NZXT

「H440」ベースの特装ケース、「H440 Razer Edition」の誕生

今回の主役、「H440 Razer Edition」は、国内自作市場でも人気のNZXT社製ミドルタワーPCケース「H440」をベースに、著名ゲーミングデバイスメーカーRazer社監修によりデザインされた、特装モデルだ。ベースとなる「H440」は、今年の3月より発売が開始されたモデルで、イマドキの拡張性を備えた内部設計と、5.25インチオープンベイを省略した、シンプルなフロントマスクデザインが最大の特徴となっている。

対応フォームファクタはATXおよびMicroATX/Mini-ITXで、外形寸法は幅が220mm、高さが510mm、奥行きが476mmとなり、多くのライバルモデルと比較しても、標準的なサイズに収められている。

「H440 Razer Edition」の外形寸法(マニュアル抜粋)。W220×D476×H510mmの標準的ミドルタワークラスのPCケースだ

なお「H440」は、White/Black、Black/Redの2色が先行リリース。Black/Orange、Black/Blue、Black/Greenの限定カラーバリエーションが6月に追加発売されている。これらはいずれも株式会社タイムリー(本社:東京都台東区)が国内での販売代理店を担当。全色取り扱いが行われている。

ちなみに今回ご紹介する「H440 Razer Edition」は、本体構造や内部設計に大掛かりな変更が加えられている訳ではない。つまりノーマル仕様の「H440」の購入を検討している人にも、参考になればと思う。それでは早速検証を開始しよう。

次は...  「H440 Razer Edition」外観チェック

1 2 3 4 5 6 7 8 9

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us