Ryzen大ヒット御礼。AMD党大集結の「AMD FAN DAY FESTIVAL」が秋葉原で開催

2017.11.19 08:47 更新

2017.11.19 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

会場内には、マザーボードメーカー各社のブースに加え、Ryzen採用BTOを扱う主要なBTOベンダーが集結。デモ機を持ち込み、来場者の質問に直接説明を行った。

amd_20171118_1024x768_08 amd_20171118_1024x768_09
ASRockブース。マザーボードのほか著名Modder門馬ファビオ氏によるX399ベースのMOD PCも展示
amd_20171118_1024x768_10 amd_20171118_1024x768_11
ASUSブース。X370搭載のMini-ITXマザーボード「ROG STRIX X370-I GAMING」が展示。間もなく国内発売予定という
amd_20171118_1024x768_12 amd_20171118_1024x768_13
初のRyzen対応Mini-ITXマザーボードをリリースして話題となったBIOSTARブース。マザーボードはなく、著名Modderである関口 徹氏のMOD PCが展示されていた
amd_20171118_1024x768_14 amd_20171118_1024x768_15
AORUSブランドとして製品をアピールしていたGIGABYTEブース。派手な発光ギミックに興味を持つ人が多かった
amd_20171118_1024x768_16 amd_20171118_1024x768_17
Socket AM4対応マザーボードが好調なセールスを記録しているというMSIブース。エルミタとコラボした特製冊子を配布。なお全国のパーツショップでも入手可能

あるマザーボードメーカー担当者は、正確な時期については言及を避けつつ、「2018年の早い段階でデスクトップ版Raven Ridgeが投入される予定」と語る。8月に突如販売が始まったBristol Ridgeと異なり「こちらが大本命で売れるはず」。期待は高まるばかりだ。

amd_20171118_1024x768_18 amd_20171118_1024x768_19
パソコンショップアークではAMD Ryzen 5 1600X搭載の「CROYDON CY-AR6X37A-T7」を展示。AMD純正の「Wraith Max cooler with RGB」に質問が集まった サードウェーブデジノスのゲーミングPCブランド「GALLERIA」では、Ryzen 5 1600とRadeon RX 580を採用した「GALLERIA ATR5」を展示
amd_20171118_1024x768_20 amd_20171118_1024x768_21
TSUKUMOは、G-GEARミニケース「8M05」を採用する「G-GEAR mini」を展示 マウスコンピューターブースではRyzen搭載BTOを使ったVR体験デモが可能
amd_20171118_1024x768_22 amd_20171118_1024x768_23
サイコムブースでは、CoolerMaster「CM 690 III」を採用するRyzen搭載BTO「G-Master Spear X370A」が登場 ユニットコムブースではRyzen 7 1700とRadeon RX 470を採用した「LEVEL-FA39-LCRT2X-VSR」を展示。VRデバイスのデモを行った
totop