【COMPUTEX】光り物は止まらない。発光パターンが制御できるDDR4メモリ、CORSAIR「VENGEANCE LED」

2016.06.04 02:53 更新

2016.06.04 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

 今年のCOMPUTEX TAIPEIでは強化ガラスを採用する新作PCケースが実に多い。そのドレスアップにピッタリなDDR4メモリ、「VENGEANCE LED」CORSAIR(本社:アメリカ カリフォルニア州)が準備中だ。

専用ソフトウェアで発光パターンを制御できるLEDメモリの新機軸

アクリルウィンドウや強化ガラスパネルを採用するケースが増え、近頃ではマザーボードやグラフィックスカード、冷却ファン(CPUクーラーも含む)などにライティング機能を内蔵する製品が充実。メモリもその例外ではなく、特にOCやゲーミング向けでは、発光するギミックを備えるものが数多くラインナップされている。

今回、CORSAIRブースで見かけた「VENGEANCE LED」シリーズもそんなDDR4メモリのひとつ。ヒートスプレッダ内にLEDバーを内蔵させたよくあるタイプの製品だが、そこはCORSAIR。専用ソフトを用意し、発光パターンを変更できるギミックを追加した。

PCに接続した状態で、ソフトウェアを起動すると発光パターンを変更することができる
編集用ソフトウェアはあくまでも今回のデモのために用意のもの。製品版ではUIなどに改良が加えられる

ソフトウェアでは輝度や明滅インターバルなどの設定が可能。残念ながら発光色そのものを変更することはできないものの、メモリ上のLEDをカスタマイズできる画期的な製品と言えるだろう。

CORSAIRでは「DOMINATOR PLATINUM」の最上位モデル「SPECIAL EDITION」も準備中。こちらは従来通りのLEDバー搭載ヒートシンクを採用し、チップにはSAMSUNG製のICのみを使用する

LEDカラーはホワイトとレッドの2色。モジュール容量は8GBと16GBの2種で、デュアルチャネルとクアッドチャネルモデルが用意される。なお動作クロックは2,400MHzから4,400MHzまでは既に予定されているとのこと。なお発売は6月末から順次開始される。

文: GDM編集部 池西 樹
CORSAIR: http://www.corsair.com/

totop