NUCよりさらにコンパクト。GIGABYTEから第4世代Coreシリーズ採用BRIXベアボーン一斉発売

2013.11.27 17:24 更新

2013.11.27 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

 GIGABYTE TECHNOLOGY(本社:台湾)が展開している小型ベアボーンキット「BRIX」シリーズに第4世代Coreシリーズを搭載した新モデル4種が登場。本日より一斉に発売が開始されている。

Core i7搭載モデルも用意されるハイパフォーマンスな小型ベアボーンキット

NUCベアボーンにはない、Core i7搭載モデルもラインナップ。コンパクトかつハイパフォーマンスなPCを簡単に構築できる

第4世代Coreシリーズ採用した、GIGABYTEの新型「BRIX」シリーズの発売がアキバでスタートした。すでに発売が開始されているIntel「NUC」シリーズを超えるCore i7搭載モデルも用意され、コンパクトながらハイパフォーマンスなPCを手軽に構築することができる。

ディスプレイ出力はminiDisplayPortとHDMIの2系統を搭載。単体でデュアルディスプレイにも対応する

用意されるラインナップは、Core i7-4500Uを搭載する「GB-BXi7-4500」を筆頭に、Core i5-4200U搭載「GB-BXi5-4200」、Core i3-4010U搭載「GB-BXi3-4010」、Celeron 2955U搭載「GB-BXCE-2955」の4モデル。NUCベアボーンよりもさらに小さい、W107.6×D114.4×H29.9mmの小型筐体を採用し、ディスプレイ出力はHDMI×1、mini DisplayPort×1の2系統。インターフェイスは、USB3.0×4、ギガビットLAN×1、S/PDIF×1が用意され、IEEE 802.11b/g/n+Bluetooth 4.0モジュールも標準装備される。

miniPCI-Expressスロットには、IEEE 802.11b/g/n+Bluetooth 4.0モジュールが標準装備され、無線LANによる接続も可能

なお組み込みには別途、DDR3 SO-DIMMメモリ(DDR3L 1600/1333×2)とmSATA SSDが必要。電源はACアダプタ給電で、付属のマウンタキットを使えば液晶ディスプレイ背面にも設置できる。

付属のVESAマウンタキットを使えば、液晶ディスプレイ背面にも設置可能。設置スペースを気にすることなく運用できる

取材時点で入荷を確認したのは、パソコンショップアークTSUKUMO eX.ツクモパソコン本店ドスパラ パーツ館BUY MORE秋葉原本店で、価格は「GB-BXi7-4500」が64,980円、「GB-BXi5-4200」が54,980円、「GB-BXi3-4010」が39,980円、「GB-BXCE-2955」が29,980円。

文: GDM編集部 Tawashi/GDM編集部 池西 樹
製品情報(GIGABYTE): http://www.gigabyte.jp/products/list.aspx?s=47&ck=104

totop