JR総武線の高架下「ロケットソフト」が11月11日をもって閉店

2018.11.02 12:00 更新

2018.11.02 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

外神田1丁目エリア、JR総武線の高架下で営業中の「ロケットソフト」(住所:東京都千代田区外神田1-4-6)が2018年11月11日(日)をもって閉店する事になった。現在閉店セールを実施している。

「ロケットアマチュア無線本館」は引き続き営業

「ロケットソフト」は、かつて秋葉原を本拠に関東一円で家電量販店チェーンを展開していたロケットのソフト専門ショップ。現在は、アマチュア無線を取り扱う「ロケットアマチュア無線本館」の隣で、アダルトDVD/ブルーレイの販売が行われている。

20181102_akiba_1024x768c
秋葉原といえば、アダルト系コンテンツを取り扱うショップが多数あったが、時代の流れとともに激減。DVDやブルーレイの専門ショップはほとんど無くなりつつある
20181102_akiba_1024x768d 20181102_akiba_1024x768e
JR総武線の高架下のエリアはアキバを代表する風景。なお旧石丸電気本店ビルと旧ヤマギワビル跡地には「(仮称)外神田一丁目計画」が建設中

ちなみに「ロケットソフト」が入るJR総武線の高架下エリアといえば、目の前で地上23階、高さ約125mの高層ビルが建設中。2019年9月には、業務棟と低層の商業棟で構成される「(仮称)外神田一丁目計画」が完成する。周辺はガラリと変わることになるが、無線機やアンテナがところ狭しと並ぶ「ロケットアマチュア無線本館」は引き続き営業を続けるとのことだ。

20181102_akiba_1024x768f
いかにも秋葉原といった老舗ショップの雰囲気が残る「ロケットアマチュア無線本館」

文: エルミタージュ秋葉原編集部 Tawashi
ロケット: http://www.rocket-co.jp/ham/

totop