駅前でゲームスイッチが買える、「千石電商ラジオデパート店」がプレオープン

2018.07.13 13:07 更新

2018.07.13 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

今月中旬の開店が予告されていた、千石電商の新店舗「千石電商ラジオデパート店」が東京ラジオデパートにオープン。現状は「まだプレオープン中」とのことで、これからフロアのラインナップも徐々に拡充されていくようだ。

ゲームスイッチはラジオデパート店に完全移動。ラズパイ関連は本店と併売

sengoku_open_1024x768c
7月中旬のオープンが予告されていた、千石電商の新店舗「千石電商ラジオデパート店」。現在はプレオープン中だが、早くも主力の取り扱い製品は購入できる状態になっている

先週に東京ラジオデパートの軒先に看板が登場して話題になった、千石電商の新店舗「千石電商ラジオデパート店」の営業が12日より開始された。店員いわく「ひとまず無理矢理にオープンさせた」という突貫工事での開店で、現在はプレオープン中。もっとも特にグランドオープンのような節目は考えていないようで、これから徐々に店舗を完成させていくつもりのようだ。

sengoku_open_1024x768d
メインの商材は、なんといってもゲームスイッチ・スティック関連。ほかに店頭で取り扱っているショップが少ないこともあり、本店時代からかなりの人気アイテムだった

取り扱いの主力は、以前からの人気アイテムである、アーケードスティックや筐体向けのゲームスイッチ・ジョイスティック。近年は標準でスイッチ換装可能なアーケードスティックが増えていることもあり、本店時代からかなり注目を集めていた。ラインナップは実に60種類前後と、かなりの充実ぶりだ。

同店によれば「なぜか閉店間際に買いに来られる方が多いアイテムで、それならできるだけ駅に近い場所で販売できればと考えた」とのことで、それが駅近くの東京ラジオデパートに出店した理由の一つにもなっているようだ。

ちなみにゲームスイッチ・スティックは本店から完全移動。今後はラジオデパート店のみが取り扱う。

sengoku_open_1024x768e sengoku_open_1024x768f
三和・セイミツ製のゲームスイッチ関連がズラリ。ラインナップは合計60種類前後が揃う
sengoku_open_1024x768g
「Raspberry Pi」シリーズやその周辺機器などは、本店と合わせて販売される
sengoku_open_1024x768h sengoku_open_1024x768i
その他SBC系では、「M5stack」や「Arduino」関連を販売する。まだ開店から間もないタイミングとあって数は少なめだが、これからラインナップが拡充されていく予定

そのほか、「Raspberry Pi」や「Arduino」、「M5stack」などのシングルボードコンピュータ、モバイルバッテリーやソーラーパネルなどを取り扱う。オープンを記念して並べられている、店頭の特価品も今後どんどん数を増やしてく予定のこと。

なお、営業時間は東京ラジオデパート準拠の11:00~19:00となっている。

sengoku_open_1024x768j sengoku_open_1024x768k
モバイルバッテリー関連は入り口すぐに展示、中でも10W出力のソーラーパネルはかなりの売れ筋とのこと。店頭には各種特価品のほか、「なぜか大人気」というスキットルが並べられている

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
株式会社千石電商: https://www.sengoku.co.jp/

totop