【コレオシ Vol.1556】中身はあの人気モデル?最新SSDのベストバイ

2018.02.19 00:00 更新

2018.02.18 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

売れ筋SSDの価格には自信アリなあきばお~零にて、最新SSDのベストバイを小笠原さんに教えてもらうことに。一番売れるのは激安バリューモデルだけど、ホンキで使うならSanDiskの「X600 SATA SSD」シリーズがとにかくイチオシらしい。

Vol.1556 あきばお~零 小笠原さん
SanDisk「X600 SATA SSD」(512GB) 売価税抜15,999円
http://www.gdm.or.jp/crew/2018/0118/249693

SATAのSSDもピーク性能は頭打ちになってきたし、別に安いやつでも同じでしょ。そんな風に考えていた時期が私にもありました。実際去年は個人的にいくつかSSDを買いましたが、値段で飛びついた安めのモデルでは、多少痛い目もみましたね。240GBモデルなのに突然1GBしか認識しなくなったり・・・なんて冗談みたいな話も。割り切って使うなら全然アリですが、メインマシンで使うなら、それなりにしっかりしたモデルをチョイスするべきでしょう。

180218kore_1024x768c
180218kore_1024x768d 180218kore_1024x768e

そこでいま個人的にオススメしたいのが、SanDiskから年明けに発売された64層3D NAND採用の「X600 SATA SSD」シリーズ。ウチでも長く人気だった「X400 SSD」シリーズの後継ですね。もっとも、知っている人にはWestern Digitalの「WD Blue 3D NAND SATA SSD」と中身は同じ、と言った方が話が早いでしょうか。

「WD Blue」の方は、ブランドイメージやしっかりした性能もあって、去年半ばからずっと売れている鉄板なモデル。たいていのSSDは使っている内にヘタってくるもんですが、このシリーズは長く使っても性能が落ちないんですよ。信頼性や安定性を含めた総合力では、コンシューマ向けで一番なんじゃないでしょうか。

180218kore_1024x768f

ちなみにお値段を比べてみると、実は「X600」の方がちょっとだけ高いんですよ。でもその分、保証期間は3年から5年に延びているんです。ストレージは保証が長い方がいいに決まってますから、この違いは大きいですよね。容量も各種揃ってますので、ガチで使うSSDを探しているならぜひ。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
あきばお~零: http://www.gdm.or.jp/shop/akibaoo-0/

totop