国産64層3D NANDを採用する新型「WD Blue SSD」シリーズ発売開始

2017.08.18 00:00 更新

2017.08.18 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
SSD

国産の64層3D NANDフラッシュ採用を謳うSATA3.0(6Gbps)SSD「WD Blue 3D NAND SATA SSD」の発売が、ウエスタンデジタルジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区)よりスタート。フォームファクタは7mm厚2.5インチとM.2 2280の2種で、容量は250GB、500GB、1TB、2TBの計4モデルがラインナップする。

2.5インチとM.2 2280の2種類のフォームファクタがラインナップ

WD Blue 3D NAND SATA SSDシリーズ(8月18日発売)
250GBモデル 販売価格税込12,400円前後
500GBモデル 販売価格税込21,400円前後
1TBモデル 販売価格税込41,400円前後
2TBモデル 販売価格税込78,600円前後
http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2017/0802/217318

1700817_01_akiba_1024x768c

国産の64層3D NANDフラッシュを採用するSSD、Western Digital「WD Blue 3D NAND SATA SSD」シリーズの店頭入荷を確認した。

人気SATA3.0(6Gbps)SSD「WD Blue」シリーズのバリエーションモデルで、NANDフラッシュの変更によりシーケンシャル読込は最高545MB/secから最高560MB/secへ、書込は最高525MB/secから最高530MB/secへと向上。一方で、平均消費電力は70mWから60mW(500GB以下は52mW)へと低減され、よりワットパフォーマンスが高められている。

1700817_01_akiba_1024x768d 1700817_01_akiba_1024x768e
汎用性に優れる7mm厚の2.5インチモデルは250GB~2TBまで全モデルの入荷を確認

フォームファクタは7mm厚の2.5インチとM.2 2280の2種で、容量は250GB、500GB、1TB、2TBの計4モデル展開。ランダムアクセスは読込最高95,000 IOPS、書込最高84,000 IOPS。書込耐性は2TBが500TBW、1TBが400TBW、500GBが200TBW、250GBが100TBW、MTTFは最大175万時間とされ、製品には3年保証が提供される。

1700817_01_akiba_1024x768f 1700817_01_akiba_1024x768g
コンパクトPCやノートPCの換装に最適なM.2 2280モデル。こちらは取材時点で入荷を確認したのは250GB~1TBの3モデル

なお取材時点で入荷を確認したのは、ツクモパソコン本店TSUKUMO eX.ドスパラ パーツ館の3店舗。いずれも8月18日の開店とともに販売が開始される。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 Tawashi / 池西 樹
ウエスタンデジタルジャパン株式会社: http://www.wdc.com/jp/

totop