生まれ変わったアキバのドスパラが今日からリニューアルオープン。上海問屋は待望の路面店に

2017.10.21 09:00 更新

2017.10.21 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket

秋葉原の主要店舗再編のため一時閉店していたドスパラが、本日10月21日(土)よりリニューアルオープンを迎える。装い新たに誕生する「ドスパラ秋葉原本店」「ドスパラ秋葉原別館」は、いったいどんなショップに生まれ変わったのか?オープンに先立ち、リニューアル作業が続く店内を散策してみた。

「ドスパラ秋葉原本店」は7年ぶりにワンフロアで買い物できるパーツショップに

03_dos_renewal171021_1024x768
ドスパラ秋葉原別館と近傍のドスパラパーツ館がリニューアル。まだ絶賛改装作業中といった風情の店内に潜入、どんなお店になるか覗いてみよう

「より専門性を高めた店舗体制への移行」をコンセプトに改装を行っていた、秋葉原のドスパラが本日10月21日(土)よりリニューアルオープンする。

DOS/V時代から続くドスパラの旗艦店「ドスパラ秋葉原本店」は、1階・2階・5階のフロア展開はそのままに、構成をガラリ変更。1階では引き続き「GALLERIA」ブランドのゲーミングPCを扱いつつ、2階には旧ドスパラパーツ館のPCパーツフロアが丸ごと引っ越してきた。ちなみに内装にも手を入れる大幅なリニューアルは、実に10年ぶりとのこと。

04_dos_renewal171021_1024x768
1階は「GALLERIA」のゲーミングPCが並ぶBTOフロア。ニーズに合わせてスタッフと相談、即納や簡易のカスタマイズモデルならその日の内に持ち帰れる
05_dos_renewal171021_1024x768 06_dos_renewal171021_1024x768
デスクトップPCだけでなく、ノートPCも多数ラインナップ。見上げる位置には、ゲーミング向けのディスプレイがズラリ並べられていた
07_dos_renewal171021_1024x768
改装前は上海問屋と中古のフロアだった2階には、旧パーツ館からPCパーツが丸ごと移転してきた。カテゴリ別に別れていた以前より、一式買いをはじめまとめ買いが楽になった

そして2階のパーツフロアには、7,000点以上のPCパーツ・サプライを展開。旧パーツ館ではカテゴリごとに別階に分かれていたところ、すべてがワンフロアで揃うショップに衣替えする。7年前にT-ZONE跡地にパーツフロアが移転する以前の構成に戻った格好で、当時を知るユーザーにとっては、どこか懐かしさを感じるリニューアルかもしれない。

08_dos_renewal171021_1024x768 09_dos_renewal171021_1024x768
正面奥のレジ前はまだ“工事中”だったが、オープン時には目玉商品や特価が並ぶエンドコーナーになる予定。ちょうど取材時には、日本未発売のCOOLMAN製ケースを使った水冷デモの準備が行われていた
10_dos_renewal171021_1024x768 11_dos_renewal171021_1024x768
パーツ館から引き続き、グラフィックスカードやマザーボードのサンプル展示も行われる。直接間近から製品を観察できるため、ユーザーの評判も上々だった
12_dos_renewal171021_1024x768
こちらもパーツ館名物だった、デジタル大画面の価格表。リアルタイムで最新の価格が反映される仕組みになっている
13_dos_renewal171021_1024x768 14_dos_renewal171021_1024x768
BTOを購入した際によくリクエストを受けていたという、サプライ品も同店舗内で購入可能に。フロア奥には、豊富なラインナップを揃えたケースコーナーになっている
15_dos_renewal171021_1024x768 新生ドスパラ秋葉原本店の店長・黒川さん。「見渡せるワンフロア構成になって、買い物がしやすくなりました。パーツ館で好評だった、見て触れる展示もお引っ越し。まだ雑然としていますが、21日のオープンではキレイな店舗でお待ちしていますよ」と語ってくれた
16_dos_renewal171021_1024x768
VR体験の「ドスパラVRパラダイス」だった5階は、中古販売フロアに変身。棚にはまだブランクが目立っていたが、オープン時にはギッシリお値打ち価格の中古品が並ぶ予定だ
17_dos_renewal171021_1024x768 18_dos_renewal171021_1024x768
中古PCパーツの取り扱いはアキバでも屈指。珍しいゲーミングノートの中古もかなりの数を在庫している
19_dos_renewal171021_1024x768 20_dos_renewal171021_1024x768
フロアチーフのイチオシは、中古PCをベースに最新GPUなどを組み込んだ「リノベーションPC」で、価格はなんと5万円台。そのすぐ隣には、従来通りのVR体験コーナーも設けられている
21_dos_renewal171021_1024x768 5階はもちろん、2階のパーツフロアでもエレベーター(オープンまでにはお色直し予定)が利用可能。「車椅子のお客様も遠慮なしにご来店いただけます」とは店長・黒川さんの談

 

ドスパラの人気ブランド「上海問屋」が路面店として独立

22_dos_renewal171021_1024x768
こちらは旧パーツ館から性格をガラリと変えたドスパラ秋葉原別館。今回の改装の目玉の一つでもある、上海問屋の路面店化が実現した

そして複数階にまたがるPCパーツショップだった旧パーツ館は、パーツ館の前身だった「ドスパラ秋葉原別館」の名称に戻ることになった。もっともフロア構成は当時とまったく異なり、1階ではユニーク雑貨を手がける上海問屋が待望の路面店として営業する。

フロアは本店2階にあった頃とほぼ同等ながら、相変わらず10,000点以上の多彩な“問屋商品”が並ぶ。まだオープン間近とあって展示デモは少なめだが、今後見て触れる展示を増やしていくという。

2階は中古買取とPC修理・サポートのフロア。ゆったり落ち着いたラウンジ風の待合スペースが設けられる。

23_dos_renewal171021_1024x768
上海問屋の路面店といえば、「生活非必需品専門店むだや」と同居していた黎明期以来のこと。上階でも人気フロアだったが、改装により圧倒的に入りやすい店舗に生まれ変わった
24_dos_renewal171021_1024x768 25_dos_renewal171021_1024x768
内部には話題のドラレコやモバイルアクセをはじめとした、上海問屋の製品が勢揃いしている
26_dos_renewal171021_1024x768 27_dos_renewal171021_1024x768
そして上海問屋の2階には、ドスパラの買い取りと修理・サポートのフロアが入ることに。全力改装中だったフロアは、ソファが配置されたラウンジ風のスタイルになる模様

なお、ドスパラではリニューアルオープンを記念して、ドスパラ 秋葉原本店とドスパラ秋葉原別館にて「ドスパラ 秋葉原店舗改装セール」を実施する。オープン日の21日(土)から31日(火)まで続くセールの詳細については、こちらのプレスリリースおよび特設サイトをチェックしておこう。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
株式会社ドスパラ: http://www.dospara.co.jp/

totop