【コレオシ】なぜ売れる?映像出力端子がないRadeon RX 470搭載カード

2019.01.20 17:42 更新

2019.01.20 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

本日のコレオシは、パソコンショップアークで販売中の特価グラフィックスカード、SAPPHIRE「RADEON RX 470 8G GDDR5 MINING QUAD」のバルク品。映像出力端子なしという特殊な仕様ながら、売れ行きが好調だという。

Vol.1628 ~パソコンショップアーク 渋谷さん
RADEON RX 470 8G GDDR5 MINING QUAD バルク 売価税込6,458円

某大手にマイニング向けとして出荷されたグラフィックスカードが、とあるルートから大量入荷。かつてブームとなった際には2万円後半で販売されていたシロモノです。これを中古品扱いのバルク品として、税込6,458円で販売しています。

20190120_kore_1024x768_03
冷却ファンの中央部分にはSAPPHIRE「NITRO」シリーズのロゴが確認できる

しかし”映像出力端子がない”というマイニングに特化した製品が、なぜこんなに売れているのか?先日、まとめ買いされたお客様に尋ねたところ「改造してマザーボードの出力端子からディスプレイ出力をする」とか。

20190120_kore_1024x768_04 20190120_kore_1024x768_05

ちなみにこの製品は初期不良交換のみ。映像出力に関しての保証はなく、質問に答えられません。興味のある人はチャレンジしてはいかがでしょうか。もちろん、本来のマイニング向けや動画エンコード用としてもオススメです。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 Tawashi
SAPPHIRE: http://sapphirenitro.sapphiretech.com/ja/
パソコンショップアーク: http://www.gdm.or.jp/shop/ark/

totop