【COMPUTEX】ECS、ストレージ容量2倍の「LIVA」ホワイトを展示。2.5インチ対応の次世代モデルも企画中

2014.06.10 15:33 更新

2014.06.10 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

 Elitegrpup Computer Systems(ECS 本社:台湾)は、超小型ベアボーン「LIVA」の新モデルを展示。さらに2.5インチドライブ対応予定の次世代モデル「LIVA 2」(仮)の情報も聞くことができた。

超小型Winodwsベアボーンにホワイトカラーモデルが登場

Elitegrpup Computer Systems(ECS)
会場:NanGang Exhibition Hall 4F L0118
http://www.ecs.com.tw/

ECSブースでは、NUCよりもさらに小さいWindowsベアボーンとして話題を呼んだ「LIVA」の新モデルが展示されていた。

純白にカラーリングされた新モデルでは、プロセッサがCeleron N2806(2コア/定格1.60GHz/2.00GHz/L2キャッシュ1MB)からCeleron N2807(2コア/定格1.58GHz/2.16GHz/L2キャッシュ1MB)へと変更。またオンボードeMMCの容量が既存モデルでは不足しがちな32GBから64GBへと倍増され、これまでよりもかなり余裕を持った運用ができるようになる。なお発売日は未定ながら、「それほど遅くはならないだろう」とのこと。

「LIVA 2」(仮)では、LANポートの位置を工夫して2.5インチストレージの搭載を検討。またファンレス動作を維持しつつ、CPUの高速化にも挑戦するという

さらに同社では「LIVA」の人気を受け、「LIVA 2」(仮)の企画もスタート。バックパネルの配置を工夫することで、2.5インチストレージへの対応や、CPUの高速化、内蔵ストレージのさらなる大容量化などが検討されている。

文: GDM編集部 池西 樹
Elitegroup Computer Systems(ECS): http://www.ecs.com.tw/

totop