【COMPUTEX】Thermaltake、360mmサイズオールインワン水冷は今月発売

2014.06.06 22:50 更新

2014.06.05 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

 Thermaltake(本社:台湾)のオールインワン水冷ユニットの3連ファンモデル、「Water 3.0 Ultimate」の発売が目前に迫っている。早ければ週明けにも国内上陸を果たす360mmサイズラジエター水冷を、ひと足お先にご紹介しよう。

国内予価も出た360mmサイズラジエター水冷ユニット

Thermaltake
会場:NanGang Exhibition Hall 4F M0602
http://www.thermaltake.com/

対応PCケースの選択肢と共にラインナップが増えている、360mmサイズラジエター搭載オールインワン水冷ユニット。120mm口径ファン3基が搭載できる大型ラジエターは、空冷を超える冷却能力を期待する向きには魅力的な存在だ。

Thermaltakeブランドからは、これまで120mmサイズラジエターの「Water 3.0 Performer」「Water 3.0 Pro」、240mmサイズラジエターの「Water 3.0 Extreme」、合計3種類の「Water 3.0」シリーズがラインナップされていたが、間もなく360mmサイズラジエターの「Water 3.0 Ultimate」が発売される。

Thermaltake「Water 3.0 Ultimate」

ポンプ一体型ウォーターブロック等はシリーズ共通部品を採用。回転数1,000~2,000rpm/騒音値最小20dBA/風量最大99CFMの120mm(25mm厚)口径ファンが3基マウントされるラジエター(外形寸法D393×W120mm)で構成される。

対応ソケットは、Intel LGA2011/1366/1156/1155/1150、AMD Socket FM2/FM1/AM3+/AM3/AM2+/AM2。市場想定売価は19,800円程度とされている。

文: GDM編集部 松枝 清顕
Thermaltake, Ltd.: http://www.thermaltake.com/

totop