[COMPUTEX]InnoVISIONがガッツリOCしたGTX 770/780カードをそろそろ日本へ出荷するらしい

2013.06.07 04:18 更新

2013.06.07 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket

 Inno3Dブランドを展開するInnoVISION Multimedia Limited.(本社:香港)は、例年通り南港展覧館へブースを出展。NVIDIA陣営である同社は、GeForce GTX 770/780搭載のオリジナルモデルをいくつか揃えてきた。

InnoVISION Multimedia Limited.
Nangang Exhibition Hall M0320

http://www.inno3d.com/

3連FAN+3スロット厚のCOMPUTEX用GTX780

「i-Chill GTX780 HerculeZ X3 Ultra」

まず初めに紹介するのが、GeForce GTX 780搭載のグラフィックスカード「i-Chill GTX780 HerculeZ X3 Ultra」だ。
 2スロット厚のアルミニウム製ヒートシンクと90mm口径の冷却ファン×3基の組み合わせで、カード全体は3スロ仕様。コア/ブースト/メモリの各クロックも大幅に引き上げられており、リファレンスの863MHz/900MHz/6,008MHz→1,000MHz/1,040MHz/6,200MHzまでオーバークロックされている。

実際に販売されるガンメタカラーの「i-Chill GTX780 HerculeZ X3 Ultra」

なお、画像の製品はレッド&ブルーカラーだが、実際に販売されるモデルではガンメタカラーの模様。「これはCOMPUTEX用」とのことだが、ブースを訪れる人の評判が良いことから、イベント終了後に会社に帰って検討すると話していた。ちなみに、国内向けの出荷はCOMPUTEX終了後の来週には可能とか。取材時に居合わせた国内正規代理店である株式会社アイティーシーの担当者によると、実際に店頭で購入できるのは6月下旬あたりになりそうだ。

お約束の水冷モデルも準備中

ArcticのVGAクーラー「Accelero Hybrid」を採用した「iChill GTX780 Accelero Hybrid」

「iChill GTX780 Accelero Hybrid」は、Arctic(本社:スイス)のハイブリッド式VGAクーラー「Accelero Hybrid」を採用したGeForce GTX 780搭載のグラフィックスカード。高い冷却性能を生かしたオーバークロックモデルで、コアベースクロックが1,020MHz(リファレンス863MHz)、メモリクロックが6,280MHz(リファレンス6,008MHz)へとチューニングが施されている。こちらも準備は順調。やはり国内代理店との調整後、出荷が開始されるはずだ。

「 GeForce GTX 770 HerculeZ」のGDDR5 4GBモデルは、来週末にもアキバに登場する予定

文: GDM編集部 Tawashi
InnoVISION Multimedia Limited.: http://www.inno3d.com/

totop