エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
日本ギガバイトの新たなパートナー。旭エレクトロニクスと国内正規代理店契約締結を発表
3月30日(月)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
指1本で回転できるスマホ・タブレット向けスタンドがイーサプライから発売
厚さわずか9mmに折りたためる汎用タブレットスタンド、サンワサプライ「PDA-STN11」シリーズ
Xperiaにピッタリな「L字型」&ちょっとオシャレな「5色タイプ」のmicroUSBケーブルが上海問屋から
コヴィア、メモリ容量を倍増した格安4インチSIMフリースマホ「FLEAZ F4s+」4月上旬発売
曲面ディスプレイ&Android 5.0搭載のミドルスマホ、「LG Magna」など4機種が発売
【動画】 USB3.0対応のマルチカードリーダー、Kingston「FCR-HS4」
【動画】 水冷ラジエターにはコレを使え。静圧自慢のThermaltake「Riing」はこう動いている
カシオ、水銀フリーのフルHD対応プロジェクター「XJ-V1」5月下旬発売

HOTNEWS
● 日本ギガバイトの新たなパートナー。旭エレクトロニクスと国内正規代理店契約締結を発表
● 「コレオシ」Vol.1049 ~上海問屋~すこぶる頑丈な「全金属製の蛇腹タブレットアーム」
● 【ササキチのアキバガジェット Vol.018】今年もやってきた「秋葉原オクトーバーフェスト2015」で乾杯!
● 【オレスマホ Vol.019】~テクノハウス東映~「最小のXperiaと最大のXperiaを使う」
● 【自作派たちのPC周り Vol.019】ツクモパソコン本店 石塚さん


1これで全てが分かる。ENERMAX「Minimo.Q」徹底解説
218コア/36スレッドXeonで試す、10ギガビットLANデュアル搭載マザーボード ASRock「X99 WS-E/10G」
3最強の“手のひらPC”誕生。Broadwell世代に進化した新型「BRIX」、GIGABYTE「GB-BXi7-5500」を試す
4信頼性がさらに向上したOCZの新フラッグシップSSD「Vector 180」シリーズ検証
5これで全てが分かる。Fractal Design「Define R5」徹底解説

[COMPUTEX] 絶賛代理店募集中。APISTEKで「RESERATOR」に涙の再会


2013年6月7日 02:24 更新 2013年6月6日エルミタ取材班
RSS
 COMPUTEXでは、見知らぬ土地の路地裏に迷い込んだような場所で、思わぬ発見がある。コンシューマ市場では聞き慣れないメーカーが軒を連ねる一角で発見した、実に興味深い冷却器メーカーAPISTEK(本社:台湾)のブースへご案内しよう。
  • APISTEK
  • APISTEK
APISTEK Technology
Nangang Exhibition Hall I0022
http://www.apistek.com.cn/

多くの人が所有している、APISTEKの冷却機器

APISTEKをご存じだろうか。自作コンシューマ市場では聞き慣れないメーカーだが、ブースを覗いてみると実に馴染み深いパーツが数多く展示されている。
 冷却機器メーカーのAPISTEKは、名だたる多くのPCパーツメーカーとパートナーシップを結び、特別にデザインされたヒートシンクの数々を供給。たとえばマザーボードのソケット周りに搭載される、ヒートパイプ付ヒートシンクや、グラフィックスカードのヒートシンク等も手掛け、自作派なら知らぬ間にAPISTEK製品を所有しているというワケだ。

APISTEK APISTEK
マザーボードのソケット回りに搭載される、ヒートシンクの数々。どれも見覚えのあるデザインだが、いずれもAPISTEK製なのだ

コンシューマ市場向け製品開発中

これまで”裏方仕事”を得意としてきたAPISTEKは、コンシューマ市場への参入を画策しているようだ。その象徴的なモデルが、円柱型ヒートシンクを採用した水冷ユニット「Water Reserator Cooler」だ。
 筒状のヒートシンクはタンクをも兼ね、下部に内蔵されたポンプにより冷却水が循環。補助的役割として、”両腕”には120mm口径ファン計4基が装着されている。
 なおこのモデルは現時点、コンセプト段階とのことだが、ご覧の通り完成度は高い。

APISTEK
APISTEK
外形寸法は、直径120mm、高さ370mm。両腕の冷却ファン用ステイを含めた最大幅は200mmとなり、画像でみるよりも現物は小ぶり

往年の名器、「RESERATOR 1」に再会?

ブースの隅に置かれた円柱は、展示会用のオブジェでもなければ、防犯ゲートでもない。自作の世界が長い人には、実に懐かしく感じるであろう、ZALMAN「RESERATOR 1」風の水冷ユニットだ。
 過去の資料を紐解くと、ZALMAN「RESERATOR 1」は、直径150mm、高さ592mmの巨大なタワーだったが、APISTEKに展示されていたそれは、直径120mm、高さ800mmで、直径こそ30mmサイズダウンながら、高さはプラス208mm。自立させるためのスタンドはやや”とってつけた感”が漂うものの、そこはご愛嬌。こちらはサンプルではなく製品版で、担当者曰く、100ドル以下で販売できるという。
 なおAPISTEKは現在国内代理店を募集中。COMPUTEXも残り僅か。興味のある業界関係者は、朝イチでブースへ。

APISTEK
東京スカイツリー開業1年も過ぎただけに、コラボレーション品としてもピッタリ。ちなみにこの製品も「Water Reserator Cooler」という名前が付けられている

取材&TEXT: GDM編集部 松枝 清顕
APISTEK Technology
http://www.apistek.com.cn/
おすすめ記事
おすすめ記事
■ 単体販売もして欲しい、TITANも搭載可能なEVGA製Mini-ITXケース「Hadron Air」の入荷がスタート(2013/11/19)
■ [COMPUTEX] 鉄壁防塵仕様。SilverStone「MM01」がほぼ完成していた(2013/06/11)
■ [COMPUTEX]アキバ登場も近い、TITANの騒音値最低5dBA超静音ファン採用CPUクーラーを見てきた(2013/06/11)
■ [COMPUTEX] XIGMATEKブースで、ハイエンド構成も可能なCube型ケース「Aquila」を発見(2013/06/11)
■ [COMPUTEX] オリジナルファームウェアで勝負を賭けるMemorightブースをチェックする(2013/06/11)
このページの最初に戻る
Search
Language
取材班 KEYWORD
COMPUTEX TAIPEI 2014 COMPUTEX TAIPEI 2013 佐々木さん CEATEC 2014 原田さん iPhone5 塩原さん オレスマホ 中村さん ササキチ Android 石山さん Bluetooth 工作キット テンメシ 自作派たちのPC周り 台湾レポート アメリカ雑貨 井田さん 清水さん 西出さん Embedded Technology 2013 テンエプ Google 光華商場 光華數位新天地 上海問屋 Windows 8 相田さん Radeon R9 290X K店長 Battlefield 4 Kabini 深夜販売 タブレットPC ワイヤレス iPad mini Filco GeForce GTX TITAN 華麗なる中華シリーズ Mini-ITX Intel 9シリーズ iPad NUC ナタマメ BRIX Hasewell Refresh ラーメン Devil’s Canyon 東プレ 解禁 SilverStone 水冷 140mm Kaveri Mantle SSD AS Enclosure W1 4K2K ANNOYING ORANGE GUNPLA EXPO WORLD TOUR JAPAN 2013 3Dプリンター Devil's Canyon Haswell-E GeForce GTX 980 iPhone 6 クリスマスツリー ガンプラ GeForce GTX 960

Homeエルミタ取材班コレオシ取材ネタイベント 取材展示会
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2015 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us