アキバ取材班Bの「アキバのごはん」

2019.03.02 00:00 更新

2019.03.02 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

【第1回】暑さと寒さ、午前中に弱いアキバ取材班Bが、秋葉原のショップ店員にコッソリ聞いた、オススメの飲食店を紹介する新コーナー。今回は、平日も行列が絶えない、人気の油そば専門店「春日亭秋葉原店」に行ってきます。

ジャンク通りの入り口にあたる、あきばお~零のすぐ隣に店を構えているのが、油そば専門店春日亭の秋葉原店。油そばの専門店は秋葉原にもいくつかありますが、平日でも行列が絶えない人気店とくればココでしょう。12席のカウンターと4人掛けテーブルがひとつの店内は、いつも込みあっています。

20190302akibagohan_1024x768c

一番人気は「鳥豚油そば」(並盛/税込680円)だそうですが、今回はバーナーで炙ったチャーシューが盛られた「炙り角切り肉油そば」をチョイス。トッピングのネギ(100円)を追加して、お値段は税込890円です。この手のトッピングは盛りが少なく残念な気分になるお店もあるところ、オーダーすれば山盛りの白髪ねぎをたっぷり乗せて出してくれます。ネギ好きには是非ともオススメしたい合わせ技ですね。

そして油そばは、アツアツの内にこれでもかと上へ下へとかき混ぜて、一気に食べる。これに尽きます。もちろんそのまま食べてもいいですが、お酢とラー油をそれぞれ丼ぶり2周程度グルリとかけて食べるのがオススメ。たっぷりのラー油もお酢と中和されるせいか、不思議と辛さはほとんど感じません。

20190302akibagohan_1024x768d 20190302akibagohan_1024x768e

ひとしきり油そばを堪能したら、最後はTKGこと卵かけご飯でシメ。食べ終わった後の丼ぶりに残ったタレや酢、ラー油の中にアツアツのご飯と玉子を投入するのです。もはや説明不要の美味さ、燃費の悪い人でも納得のボリュームでしょう。

ちなみにスムーズに食べたい場合の狙い目は、ランチタイムを外した平日の15時前後。チラリと覗いて混んでいても、少し間をあければ比較的待たずに座れるハズです。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
油そば専門店春日亭秋葉原店: http://www.kasugatei.com/

totop