【店長ナカジマのレアモノPickup! Vol.122】超手抜きでビーフジャーキーが作れる「自家製ジャーキーメーカー」はまだ買える?

2018.06.24 00:00 更新

2018.06.24 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

アキバのど真ん中にあるサンコーレアモノショップ秋葉原総本店店長の中島さんが、おもしろグッズや気になるアイテムを紹介してくれる「レアモノPickup!」。今回は、簡単にビーフジャーキーが自作できる「自家製ジャーキーメーカー」が登場します。中の人もビックリの大反響で完売続出、お店ならまだ手に入る?

自家製ジャーキーメーカー 売価税込3,980円
http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2018/0618/266678

アキバの真ん中で、おもしろ雑貨やお役立ちなガジェットが買えちゃうサンコーレアモノショップにようこそ!店長の中島です。毎週色んな商品が入荷してくる中で、コレがこんなに大ヒットになるなんて・・・とビックリさせられるアイテムもあります。その代表格が、いま店頭でも大反響の「自家製ジャーキーメーカー」ですね。ある程度予想していた「糖質カット炊飯器」と違って、まったくノーマークだったので本当に驚きました。かなりお手頃なお値段も人気の理由でしょうか。

180624rare_1024x768c
思わぬヒットになった「自家製ジャーキーメーカー」。これがあれば、お手軽にビーフジャーキーやドライフルーツ、ペットのおやつが作れてしまう

温風で食材を乾燥させるドライフードメーカーで、この手のアイテムではすごくコンパクト。キッチンに置いても邪魔になりません。トレイに下ごしらえをしたお肉やフルーツを乗せて、電源を入れて放置するだけ。ビーフジャーキーの場合は、切った肉をタレに漬け込んで、それをこのマシンで一晩くらい乾燥させれば、簡単に自分好みのジャーキーが完成します。

でも肉を切ったりタレを作るのが面倒なんだけど・・・という方もいますよね。でもそんな方は(バラ肉など)あらかじめ切ってあるお肉を使えばいいですし、タレも「焼き肉のタレ」で全然OK!料理が苦手な人も、バッチリ手抜きができるんです(笑)。

180624rare_1024x768d 180624rare_1024x768e
使い方は、電源コードを繋いでスイッチオン、あとは放置するだけ。ビーフジャーキーの場合、70℃設定にて約8~10時間ほどの乾燥で出来上がりだ
180624rare_1024x768f 180624rare_1024x768g
トレイは5段、自分好みの味付けでたっぷりのビーフジャーキー(やその他ドライフード)が作れる。温風で乾燥させるシンプル仕様とあって、価格も3千円台と激安なのだ

そもそもビールのお供では定番のビーフジャーキーって、毎度買ってこようと思うと結構な出費になりますよね。味も濃すぎたり辛すぎたり・・・そんなお悩みは、自作すれば全部解決!自分好みの味付けにできますし、焼き肉のタレでも十分マイルドな味になるハズです。ドライフルーツも市販品は砂糖使いすぎ!な物も多いですから、女性としても気になるアイテムですね。

・・・と、そんなこんなで一躍大人気、通販分はもう品切れになってしまいました。店頭でも初回分は早々に完売だったんですが、こんなこともあろうかと(笑)、お店では追加分を手配していたんです。日曜日にはさらに追加で入荷予定ですので、買い逃してしまった方はぜひ!

jerky03_1024x768 店員も予想外の「バカ売れ」だったジャーキーメーカー。週末を前に緊急入荷、さらに24日(日)には再度の入荷を予定しているぞ

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
サンコーレアモノショップ秋葉原総本店: http://www.gdm.or.jp/shop/thanko/

totop