【COMPUTEX】コレって冷えるの?ヒートシンクを“くの字型”に広げた謎のクーラーを発見

2018.06.13 11:59 更新

2018.06.13 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

平凡なPCケースが積み上がっているだけかと思いきや、やけに個性的なCPUクーラーを並べていたのがSolleron Corporation(本社:台湾)ブース。まだ名前すら決まっていないコンセプトモデルもありつつ、その独特な冷却アプローチは眺めているだけでも楽しい。

奇抜なアイデアを試行錯誤中。個性派揃いのCPUクーラー

Solleron_comp2018_1024x768c
あいにくまだ“名無し”というこのCPUクーラー。ちょっと奇妙な構造をしているが、果たして冷えるのだろうか

「実はまだモデル名が決まっていない」と担当者が紹介してくれたのが、なんとも個性的な形状のCPUクーラー。2つの独立したサイドフロー型クーラーを合体させたような構造で、ヒートシンクがちょうど“くの字型”にウイングを広げている。あまりお目にかからないデザインだけに、何かキャッチーなモデル名をつけようと悩んでいるのかもしれない。

Solleron_comp2018_1024x768d Solleron_comp2018_1024x768e
独立したサイドフローをヒートパイプで連結したような、あまり見ないデザイン。実際に搭載するなら、クリアランスもある程度確保する必要がありそうだ
Solleron_comp2018_1024x768f
自己主張の強いヒートシンクに比べて、やや控えめな受熱ベース。今後の改良ポイントに挙げていた

気になるのが冷却性能だが、担当者いわく「ファンが向かい合わせにならないため、効率よくホットエアを抜くことができる」とのこと。ただしダイレクトタッチ方式のヒートパイプを5本使っていながら、受熱ベース部分が狭くなってしまうのが設計上の欠点らしい。

なお、参考出展のサンプル品のため、発売予定や価格などは不明。どうもこのコンセプトを諦めていないらしく、今後も改良を続けていくという。

Solleron_comp2018_1024x768g
RGBに光るLED内蔵のファンカバーがキノコっぽい、トップフロー型クーラー「120RV1」

隣に並んでいた、どこかキノコのようなデザインのトッププロー型CPUクーラーには「120RV1」という名前があった。モデル名からお察しの通り120mm口径のファンを搭載しており、フレームの外周と内周にはRGB LEDが内蔵されている。

Solleron_comp2018_1024x768h Solleron_comp2018_1024x768i
内周だけでなく、外周部分にもLEDを内蔵。こちらもヒートパイプダイレクトタッチだが、またもや変わった形状のヒートシンクを使っているようだ

こちらも4本のパイプをダイレクトタッチさせる設計だが、変わっているのはヒートシンクのデザイン。8方向に伸びたそれぞれのパイプを中心に、放射線状にフィンが広がる8分割構造になっている。インパクトのある機構だが、クーラー自体の重さはそれほどないようだ。

なお、このモデルもサンプル品につき、実際の販売予定や具体的な価格は不明。PCケースが主力でCPUクーラーはまだメーカーサイトに載っていないところをみると、これからチャレンジする分野なのかもしれない。それだけに、あまり先入観のない設計思想をもっているようだ。

Solleron_comp2018_1024x768j
8分割の独立ヒートシンクを並べるという、これまた珍しい構造。色んな冷却アプローチを試している最中のようだ

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
Solleron Corporation: http://www.solleron.com.tw/
COMPUTEX TAIPEI 2018 記事一覧: http://www.gdm.or.jp/computex2018/

totop