【COMPUTEX】Cooler Masterで見た第2世代Ryzen Threadripper対応空冷のプロトタイプ

2018.06.07 03:39 更新

2018.06.07 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

Cooler Master Technology(本社:台湾)ブースで見かけたのは、Socket TR4のAMD第2世代「Ryzen Threadripper」に対応した大型空冷クーラー。AMDとの共同開発により誕生した「AMD RYZEN WRAITH RIPPER」に注目してみよう。

アドレサブルRGB LEDイルミネーション機能を内蔵

cmryzen_1024x768b

Cooler Masterと言えば、AMD「Ryzen Threadripper」対応空冷モデル、「MasterAir MA621P TR4 Edition」(型番:MAP-D6PN-218PC-R2)がカタログモデルとして市販されている。これに継ぐ空冷として、第2世代「Ryzen Threadripper」に合わせて用意されるのが、今回ブースに持ち込んだプロトタイプだ。

「AMD RYZEN WRAITH RIPPER」と書かれたプレートには、ほんの僅かな情報しか記されていないが、担当者によるとAMD第2世代「Ryzen Threadripper」の発売と同時期に販売が開始される予定だという。選択肢が少ないSocket TR4対応空冷クーラーとして、注目を集めそうだ。

またドレスアップ要素が加えられた空冷といったアピールも忘れない。トップカバーから側面にわたり、アドレサブルRGB LEDライティングを内蔵。トップ面のAMD「RYZEN THREADRIPPER」の文字も発光し、内部が見える強化ガラス製PCケースに搭載すれば、ひと味違ったハイエンド志向のPCが構築できる。

cmryzen_1024x768d

詳細サイズは不明ながら、ブラックアルマイト加工が施されたヒートシンクは見るからに大型サイズ。ヒートパイプはφ6mmが7本で、受熱ベース部を観察すると既存モデル「MasterAir MA621P TR4 Edition」とは異なるヒートパイプレイアウト。もしかすると新しい仕掛けが採用されているのかもしれない。

cmryzen_1024x768c

ちなみにメモリクリアランスにも配慮して設計されているとか。登場が待たれる製品のひとつだ。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕
Cooler Master Technology: http://www.coolermaster.com/
COMPUTEX TAIPEI 2018 記事一覧: http://www.gdm.or.jp/computex2018/

totop