AMD、COMPUTEXにて第2世代の「EPYC」&「Ryzen Threadripper」を発表

2018.06.06 13:37 更新

2018.06.06 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
AMD(本社:アメリカ)は2018年6月6日、「COMPUTEX TAIPEI 2018」にてサーバー向けCPUの第2世代「EPYC」およびハイエンドCPUの第2世代「Ryzen Threadripper」を発表した。
  • AMD、COMPUTEXにて第2世代の「EPYC」&「Ryzen Threadripper」を発表
  • AMD、COMPUTEXにて第2世代の「EPYC」&「Ryzen Threadripper」を発表

第2世代「EPYC」は2019年、第2世代「Ryzen Threadripper」は2018年Q3に登場

AMD @ Computex
http://www.amd.com/

AMDが「COMPUTEX TAIPEI 2018」におけるプレス向け発表会にて、最新CPUを発表。同社CEOのLisa Su氏よりお披露目されたのが、サーバー向けCPUの第2世代「EPYC」だ。

EPYC2_1024x624

製造プロセス7nmの「Zen 2」アーキテクチャを採用、ソケットは初代「EPYC」同様にLGA方式のSocket SP3が使用される。最大64コア128スレッドとも噂されているスペックなど、詳細はまだ明かされなかった。

なお、現状はまだ“Silicon in Labs”でサンプリング出荷は2018年下半期を予定。2019年に発売される見込みだ。

Ryzen_Threadripper2_1024x768

また、かねてロードマップにて予告されていた、ハイエンドCPUの第2世代「Ryzen Threadripper」も発表。12nmプロセスの「Zen+」アーキテクチャを採用、最大32コア64スレッドを搭載する。こちらは2018年第3四半期にも市場に投入される予定となっている。

Ryzen_Threadripper2_1024x640

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
AMD: http://www.amd.com/

totop