【コレオシ Vol.1583】価格6万円台。その場でお持ち帰りできる「Ryzen 5 2400G」搭載の即納PCを組んでみた

2018.05.28 12:00 更新

2018.05.27 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

すぐに持ち帰ることができる「組立て済み自作PC」を、ツクモパソコン本店スタッフ平田さんがコレオシ。AMD「Ryzen 5 2400G」を採用した、お手製マシンを紹介してもらおう。

Vol.1583 ~ツクモパソコン本店 平田さん
「Ryzen 5 2400G」搭載PC 価格税抜69,800円
http://www.gdm.or.jp/shop/tsukumo/

メーカー製PCやBTOではない、「完成品の自作PC」を今すぐ持ち帰りたい、そんな需要が少なくありません。そこで今回は、AMD「Ryzen 5 2400G」搭載の「組立て済み自作PC」を用意しました。コンセプトはネットや動画観賞が快適にできる事に加え、ちょっとしたゲームなら動く万能PC。さらに見た目にもこだわり、ブラックとレッドで統一感が出るようなパーツを敢えてチョイスしました。

20180527_kore_1024x768c

PCケースは個人的にも購入を目論んでいるJONSBOのアルミ製ミドルタワーケース「U4-BR」です。パッと見でATX規格とは思えないコンパクトなデザインに、サイドパネルには5mm厚の強化ガラスを採用。現状イルミネーションパーツは非搭載ですが、将来的なドレスアップが楽しめます。

20180527_kore_1024x768d
サイドパネルは内部がうっすらと見えるスモークタイプの強化ガラスを採用

内部構成については、コストパフォーマンスを重視した結果、GIGABYTE「GA-AX370-Gaming 3」にAMDのAPU「Ryzen 5 2400G」を搭載。メモリはCORSAIR「Vengeance LPX Series」シリーズの「CMK8GX4M2A2666C16R」(DDR4-2666/4GB×2枚)。ブラックとレッドの配色にもこだわりました。

20180527_kore_1024x768e 20180527_kore_1024x768f
GIGABYTE「GA-AX370-Gaming 3」と見た目の相性もいいCORSAIR「Vengeance LPX Series」シリーズ

電源ユニットはFSP「RAIDERⅡ」シリーズの650Wモデル。非プラグインタイプだけにケーブル配線の際に少々手こずりましたが、80PLUS SILVER認証の電源としては価格も安くオススメです。今回の構成ではオーバースペックな容量ですが、将来的なグラフィックスカードの増設を見越してのチョイスというワケです。

20180527_kore_1024x768g 20180527_kore_1024x768h

その他、ストレージにCFD「S6ONCG3V」シリーズの240GBモデル(CSSD-S6O240NCG3V)を1台。OSはなしですが、税抜69,800円に収めました。本来であれば工賃を頂くところですが、ほぼパーツ代のみというお買い得価格で販売しています。これをベースにファンを追加したい、水冷化したいといったリクエストは大歓迎。もちろん、自分で組みたいとい方も、どんどん相談に来てください。

20180527_kore_1024x768i

文: エルミタージュ秋葉原編集部 Tawashi
ツクモパソコン本店: http://www.gdm.or.jp/shop/tsukumo/

totop