【コレオシ Vol.1550】安全運転を強いられているんだ!居眠り・脇見運転撃退アイテム「アイキャッチャー」

2018.01.19 00:00 更新

2018.01.19 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

今日のコレオシは、休日は決まってドライブに出かけるというレアモノショップの三浦さん。もはや必須のアイテムになりつつあるドラレコに加えて、コレがあれば完璧という安全装備が「居眠り&脇見運転警告システムアイキャッチャー」だ。

Vol.1550 レアモノショップ 三浦さん
居眠り&脇見運転警告システムアイキャッチャー 売価税込19,800円
http://www.thanko.jp/shopdetail/000000002960/

車が大好きなので、休みの日はたいていドライブがてらどこかに出かけることが多いですね。そんなワケで、ウチで売っているカー用品にも興味津々なワケですが・・・最近気になっているのが「居眠り&脇見運転警告システムアイキャッチャー」というアイテム。うっかり居眠りや脇見運転をしてしまった時に、バッチリ警告してくれるという装備なんです。

180119kore_1024x768c
180119kore_1024x768d 180119kore_1024x768e

さすがに昼間に運転している時は大丈夫ですが、長時間高速を運転している時なんかは危険なタイミング。速度はほぼ一定で、景色も代わり映えしなかったりしますからね。夜の仕事帰りに運転している時も、疲労でうっかりウトウト・・・なんてシーンがあるかもしれません。

そんな時こそコレの出番です。目線の高さに設置した瞳孔検出センサーが、まぶたと下まぶたの距離を検出。瞳を閉じたかどうかを分析して、最短1秒で警告してくれるんです。誰しもちょっとした油断はあるものですが、こうして警告してもらえると、あらためてしっかり走ろうという気になりますよね。

180119kore_1024x768g 180119kore_1024x768f

ちなみに警告は、アラーム音だけでなく音声(日本語)でも呼びかけてくれます。最初はおだやかな注意ですが、居眠り状態が続いた場合は強めに警告。良いセンサーを使っているので、メガネやサングラスをかけていたり、昼や夜、人が変わってもちゃんと動作します。さらにGPS付きなので、駐車しようと周りを見回していたり、徐行中には警告しないようになっているんです。ちょっと高めのアイテムではありますが、機能的にはバッチリ。コレがあれば安全運転間違いなしですよ。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
レアモノショップ: http://www.gdm.or.jp/shop/raremono

totop