エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
重量級グラフィックスカードの垂れ下がりを防止する、ガススプリング式サポーターがMSIから
全キーRGBバックライト搭載のCherry赤軸搭載ゲーミングキーボード、GIGABYTE「XK700」
Razer、50mmドライバ採用のUSB接続サラウンドヘッドセット「Kraken 7.1 V2」発売
スナドラ821&6GBメモリ搭載、最強スペックの激安中華スマホ「OnePlus 3T」が販売中
金環日食をイメージしたラウンドデザインの新型スマートウォッチ、ASUS「ZenWatch 3」10日発売
外装アルミパネル採用のATX対応コンパクトCube型ケース、RAIJINTEK「THETIS WINDOW」
高品質なモバイルVRを実現、Googleの新VRプラットフォーム対応のVRヘッドセット「Daydream View」登場
高品質を謳うASUSのGTX 1050搭載グラフィックスカード「PH-GTX1050-2G」明日発売
Thermaltake、フルモジュラーミドルタワー「Core X31」に強化ガラスモデル追加
CORSAIR、Thermaltake、SilverStoneなど今週もジャンクPCケースを追加【TSUKUMO eX.】

HOTNEWS
● スナドラ821&6GBメモリ搭載、最強スペックの激安中華スマホ「OnePlus 3T」が販売中
● 高品質なモバイルVRを実現、Googleの新VRプラットフォーム対応のVRヘッドセット「Daydream View」登場
● 【コレオシ Vol.1381】まだまだ現役。11万円だったASUS「STRIX-GTX980TI」が4万円割れで販売中
● 【オレスマホ Vol.054】バックヤードのラズパイで動かす、在庫管理アプリ「東映フォース」を作ってみたよ
● 【コレオシ Vol.1380】大容量の録画専用マシンにぴったりなPCケース、SilverStone「SST-CS380」


1期待を裏切らない“一番いい電源”、Seasonic待望のTITANIUMモデル「PRIME」検証
2これで全てが分かる。Thermaltake「Core G3」徹底解説
3全身ヒートシンク型Cubeケース STREACOM「DB4」で完全無音PCはできるのか
4これで全てが分かる。Fractal Design「Define C」徹底解説
5初の空冷ファン搭載M.2 SSDクーラー、玄人志向「M.2F-PCIE」実力検証

MSI、Haswell Core i7-4000シリーズ搭載のハイエンドゲーミングノートPC発表


2013年6月2日 00:01 更新 2013年6月2日エルミタ取材班
RSS
 エムエスアイコンピュータージャパン株式会社(本社:東京都台東区)は2013年5月24日、メディア向け「新ゲーミングノートPC発表会」を開催した。今回披露された製品は、いずれも第4世代Intel Coreプロセッサこと「Haswell」を標準装備。さらに1,500MB/secを超える高速ストレージ採用モデルや初の薄型・軽量モデルなど、見どころ満載の会場の様子をお伝えしていくことにしよう。


mSATA×3のRAID 0ドライブで1,500MB/secオーバー達成

解説セッションを担当したProduct Manager Kevin Hsu CPUにHaswellを採用することで、Ivy BridgeからCPUパフォーマンスが5~15%向上

セッションでは、Product Manager Kevin Hsu氏が登壇。冒頭で「Haswell」搭載の新モデルについて紹介すると共に、新たに実装される機能について解説を行った。なかでも注目は、2.5インチベイ-mSATA×3変換基板を使い、3台のSSDでRAID 0ドライブを構築した「Super RAID2」だ。MSIでは、既に2.5インチ-mSATA×2変換基板を採用した「Super RAID」を製品化しているが、SSDをさらに1台追加したことで、最大1,500MB/secを超える圧倒的なアクセス速度を実現している。

2.5インチベイにmSATA×3変換基板を搭載する「Super RAID2」。内部配線は専用のため他の機種では流用できないとのこと

Haswell対応チップセットIntel HM87 Expressでは、SATA3.0ポートが最大4ポートに拡大。これにより1,500MB/secを超える高速転送が可能になった

また冷却機構には、新たにデザインされた「Cooler Boost 2」を採用。冷却ファンの大型化をはじめ、CPUとGPUのヒートシンクをヒートパイプで接続した循環構造にすることで、冷却効率が向上。これまでの「Cooler Boost」に比べ、モジュールの表面温度を7~8℃ほど下げることに成功している。

「Cooler Boost」(左)と「Cooler Boost 2」(右)の違い。「Cooler Boost 2」では、CPUとGPUのヒートシンクにThermal Bridgeと呼ばれるヒートパイプが増設されている

その他、イルミーネーション機能を内蔵したSteelSeries製の高品位アイソレーションキーボードや、ネットワーク遅延の少ないKillerシリーズのネットワークチップ採用など、従来の機能はこれまで通り踏襲されている。

SteelSeries製アイソレーションキーボードやKiller NICも従来通り搭載される

究極スペックのフラグシップモデル「GT70 Dragon Edition 2 Extreme」

天板にドラゴンがデザインされたフラグシップモデル「GT70 Dragon Edition 2 Extreme」

真紅の竜がデザインされた美しい筐体を採用するのは、フラグシップモデル「GT70 Dragon Edition 2 Extreme」。Core i7-4930MXに、NVIDIAのモバイル向けフラグシップGPU、GeForce GTX 780Mを組み合わせた、ハイエンドデスクトップに匹敵するパワフルな構成だ。システムドライブは当然「Super RAID2」(128GB mSATA×3)が採用され、データドライブに750GBのHDDを標準装備。メモリは8GB×2の16GBで、最大32GBまで増設できる。

実動デモで展示されていたのは、「GT70 Dragon Edition 2 Extreme」と同スペックのブラックカラーモデル 本体のディスプレイと合わせて最大4画面表示に対応する

また背面部にHDMI×1、D-sub×1、mini DisplayPort×1の3系統のディスプレイ出力が用意され、本体ディスプレイと合わせて4画面出力に対応するのも特徴。ちなみに発売は8月の予定で、市場想定売価は税込439,800円とこちらもモンスター級だ。

MSI初の薄型ゲーミングノート「GS70 stealth」「GE40 Dragon Eyes」

パワフルな性能が求められるゲーミングノートでは、本体サイズが大型化する傾向にある。だが、MSIでは新たなジャンルとして薄型ゲーミングノートにも着目。その第一弾製品として投入されるのが、「GS70 stealth」「GE40 Dragon Eyes」だ。

17.3インチの大型液晶を採用した「GS70 stealth」。筐体はアルミ製で、重量は2.6kgとこのサイズのゲーミングノートとしては比較的軽量

「GS70 stealth」は、17.3インチの大型液晶を採用した上位モデル。Core i7プロセッサとNVIDIA GeForce GTX 765Mを搭載しつつ、厚さ21.8mmというスリムサイズを実現。重量も2.6kgとこのクラスとしては軽量で、手軽に持ち運べるハイエンドゲームPCとして期待が掛かる。なお詳細スペックや価格については8月に発表される予定。

天板にデザインされたドラゴンの瞳が印象的な、14.1インチノートPC「GE40 Dragon Eyes」

「GE40 Dragon Eyes」は、Core i7-4702MQとNVIDIA GeForce GTX 760Mを搭載した、14.1インチHD+(1,600×900ドット)液晶モデル。W339×D239.4×H26.1mm、重量1.98kgのコンパクトサイズで、筐体はヘアライン加工が施されたアルミ製。天板にはドラゴンの瞳を模した赤い目が光るユニークなデザインを採用する。発売開始は6月2日で、市場想定売価は税込139,800円。

「GT70」や「GE70」にもHaswell搭載モデルが登場

ハイエンドモデル「GT70」シリーズや、ミドルレンジモデル「GE70」シリーズも、Haswell搭載モデルが新たに追加。グラフィックスチップもNVIDIA GeForce 700シリーズに変更され、パフォーマンスが向上している。

株式会社ゲームオンが運営するオンラインFPS、「Alliance of Valiant Arms」推奨認定を取得したハイエンドモデル「GT70 2OD-207JP」。Core i7-4700MQとGeForce GTX 780M搭載し、発売は6月2日より開始される。なお市場想定売価は税込253,000円
ミドルレンジモデル「GE70」シリーズは、Core i7-4700MQとGeForce GTX 765M構成の「GE70 2OE-025JP」(市場想定売価税込249,500円/画像左)と、GeForce GTX 750M構成の「GE 2OE-027JP」(市場想定売価税込179,800円/画像右)の2機種。いずれも6月2日より発売が開始される

取材&TEXT: GDM編集部 池西 樹
エムエスアイコンピュータージャパン株式会社
http://jp.msi.com/
おすすめ記事
おすすめ記事
■ 重量級グラフィックスカードの垂れ下がりを防止する、ガススプリング式サポーターがMSIから(2016/12/08)
■ 全キーRGBバックライト搭載のCherry赤軸搭載ゲーミングキーボード、GIGABYTE「XK700」(2016/12/08)
■ Razer、50mmドライバ採用のUSB接続サラウンドヘッドセット「Kraken 7.1 V2」発売(2016/12/08)
■ スナドラ821&6GBメモリ搭載、最強スペックの激安中華スマホ「OnePlus 3T」が販売中(2016/12/08)
■ 金環日食をイメージしたラウンドデザインの新型スマートウォッチ、ASUS「ZenWatch 3」10日発売(2016/12/08)
このページの最初に戻る
Search
Language
取材班 KEYWORD
COMPUTEX TAIPEI 2016 COMPUTEX TAIPEI 2014 COMPUTEX TAIPEI 2015 ササキチ 中島さん オレスマホ COMPUTEX TAIPEI 2013 SSD スマホ羅針盤 原田さん 自作派たちのPC周り 塩原さん 懐かしのPCパーツ図鑑 佐々木さん CEATEC 2014 鶉さん ギークの殿堂 iPhone5 Mini-ITX 水冷 石山さん 中村さん GeForce GTX 1080 西出さん Android Bluetooth 井田さん 工作キット テンメシ ドスパラ Skylake CEATEC 台湾レポート アメリカ雑貨 清水さん 相田さん 上海問屋 Embedded Technology 2013 テンエプ K店長 CEATEC 2015 Google 光華商場 光華數位新天地 GeForce GTX 980 Ti Japan IT Week Windows 8 Radeon R9 290X COMPUTEX 2015 NUC GeForce GTX TITAN 華麗なる中華シリーズ Battlefield 4 Kabini GeForce GTX 1070 CEATEC 2016 深夜販売 タブレットPC ワイヤレス iPad mini Filco Intel 9シリーズ TGS TGS 2016 iPad ナタマメ BRIX Hasewell Refresh ラーメン Devil’s Canyon 東プレ 解禁 SilverStone 140mm Kaveri Mantle Haswell-E iPhone 6 Windows 10 COMPUTEX 2016 Radeon RX 480 Mini-STX AS Enclosure W1 4K2K ANNOYING ORANGE GUNPLA EXPO WORLD TOUR JAPAN 2013 3Dプリンター Devil's Canyon GeForce GTX 980 クリスマスツリー ガンプラ GeForce GTX 960 Radeon R9 Fury X Radeon R9 Fury Radeon R9 Nano レアモノPickup! TITANIUM GeForce GTX 1060 GeForce GTX 970 ガンプラEXPO

Homeエルミタ取材班コレオシ取材ネタイベント 取材展示会
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2016 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us