10コア/20スレッドの「Core i9-9900X」など新型「Core X」シリーズの販売がスタート

2018.12.14 11:00 更新

2018.12.14 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

Intel Corporation(本社:アメリカ カリフォルニア州)は、開発コードネーム“Skylake-X Refresh”ことLGA2066プラットフォームに対応するハイエンドCPU、新型「Core X」シリーズを本日発売。まずは10コア/20スレッドの「Core i9-9900X」など2モデルが登場している。

動作クロックを引き上げた新ハイエンド“Skylake-X Refresh”登場

先代モデルから動作クロックを引き上げた、新型ハイエンドCPU「Core X」シリーズ。コアアーキテクチャはSkylakeから変更なく、製造プロセスは14nm、消費電力は全て165Wに設定されている。なおTIMが従来のグリスから、より熱伝導率の高いソルダリングに変更されているのは、オーバークロックを目論むエンスーユーザーにとって嬉しい改善点と言えるだろう。

20181214_intel_1024x768_03

主なスペックは、メモリがクアッドチャネル対応のDDR4-2666MHz、ブースト機能はTurbo Boost Technology 2.0と3.0の2段階調整をサポートし、PCI-Express3.0レーンは全モデル44レーン(チップセットと合わせると68レーン)搭載。LGA2066プラットフォームのX299チップセット搭載マザーボードに対応する。

20181214_intel_1024x768_04 20181214_intel_1024x768_05
12コア/24スレッドの「Core i9-9900X」 10コア/20スレッドの「Core i9-9820X」

製品ラインナップは、18コア/36スレッドの「Core i9-9980XE」を筆頭に7モデルが用意されるが、本日発売されたのは「Core i9-9900X」(10コア/20スレッド/3.5GHz/TB時4.5GHz/L3キャッシュ19.25MB)、「Core i9-9820X」(10コア/20スレッド/3.3GHz/TB時4.2GHz/L3キャッシュ16.5MB)の2モデル。

お詫びと訂正・・・「Core i9-9920X」につきましては本日の入荷がありませんでした。正しくは「Core i9-9900X」「Core i9-9820X」の2モデルのみとなります。謹んで訂正させて頂きます
20181214_intel_1024x768_06 「Core i9-9900X」と「Core i9-9820X」は同じ10コア/20スレッドだが、L3キャッシュの容量と動作クロックが異なる

なお、取材時点で販売を確認したのは、パソコンショップアークドスパラ秋葉原本店パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店ツクモパソコン本店TSUKUMO eX.

文: エルミタージュ秋葉原編集部 Tawashi
Intel Corporation: https://www.intel.co.jp/

totop