透過ディスプレイ搭載、アナログ&デジタルコンボのスマートウォッチが発売

2018.06.28 11:28 更新

2018.06.28 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

透過ディスプレイを搭載したアナログ時計一体型のスマートウォッチ「SmartWatch M6」東映無線ラジオデパート店に入荷している。ブラック(M6-204)とシルバー(M6-104)の2色展開で、価格は税込11,800円。

日本語表示にも対応する透過ディスプレイを搭載

SmartWatch_M6_1024x768c
アナログ時計上にウォッチ画面を投影できる、透過ディスプレイ搭載のスマートウォッチ。ノーブランド扱いの格安品だ

アナログ時計のような見た目ながら、透過ディスプレイによるデジタル表示に対応したスマートウォッチ。Bluetoothでスマートフォンと連携するデバイスで、ワンタッチでディスプレイにモノクロのウォッチ画面が浮かび上がる。ユニークな機能を搭載しつつ、安価に購入できる点も魅力だ。

SmartWatch_M6_1024x768d SmartWatch_M6_1024x768e
通知機能は日本語の表示にも対応している。Bluetooth 4.0でAndroid/iOSと連携、リモートカメラ機能なども備える
SmartWatch_M6_1024x768f SmartWatch_M6_1024x768g
腕との接地面にセンサーを内蔵し、心拍数や睡眠トラッキングなどのデータを取得可能。タッチ操作には非対応で、操作には側面の物理ボタンを使用する

接続インターフェイスはBluetooth 4.0で、Android 4.0以上、iOS8.2以上のデバイスに対応。歩数計や心拍計のほか、ストップウォッチ、リモートカメラ、接続スマートフォンの通知機能などを備えている。

ケースサイズは42mmでディスプレイは128×140ドット。IP68準拠の防水・防塵と5気圧防水に対応。20mm幅のスリムバンドを備える。バッテリー容量は55mAhで、充電には専用充電器を使用する。

SmartWatch_M6_1024x768h SmartWatch_M6_1024x768i
ブラックとシルバーの2色をラインナップ。各種センサーの測定データを確認できる、スマホアプリも用意されている

なお、ショップによれば「アプリはマニュアル上に記載されたQRコードからダウンロードしてほしい」とのことで、パッケージ上に記載のQRコードでは動作しない場合がある。また、直輸入品のため、サポートは1週間の初期不良対応のみとなる。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
東映無線ラジオデパート店: http://www.gdm.or.jp/shop/toei-radio/

totop