【COMPUTEX】ワンタッチで装着できるCRYORIGの「Qlick Mount System」はどうなっているのか

2018.06.08 20:21 更新

2018.06.08 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

CRYORIG(本社:台湾)ブースで見た「Qlick Mount System」。昨年の「COMPUTEX TAIPEI 2017」で披露されたサイドフロー型CPUクーラー「R5」に採用される、ワンタッチ搭載機構だ。

カチッとワンタッチで搭載できる「Qlick Mount System」

サイドフロー型CPUクーラー「R5」に搭載されてた「Qlick Mount System」(Quick Mount Systemsではない)は、良く出来た次世代リテンションだ。

r5_01_1024x768 r5_02_1024x768

CRYORIGのブース担当者によると、「R5」ではじめて導入したという新機構。CPUソケットにワンタッチでCPUクーラー本体が装着できるというもので、その仕組みはこうだ。

マザーボードソケット周辺には、あらかじめネジとプレートで台座を構築。受熱ベース部に固定した専用のメタルプレートの片方を台座に挿し込み、もう片方を押し込むようにロックする。

r5_05_1024x768 r5_06_1024x768

便利なワンタッチ機構だが、CPUにテンションを掛ける最終作業は、ヒートシンク頂上の中央部にある穴に六角レンチを挿し込み、ネジ留めする必要がある。

r5_07_1024x768 r5_08_1024x768

”完全なワンタッチ”とはいかないものの、冷却能力をきちんと引き出すには、流石にここまで。とはいえ、冷却ファンを取り外す必要がないため、工程が簡略化されている事には間違いない。今後実装されるCPUクーラーが市場に出回ることになるかもしれない。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕
CRYORIG: http://www.cryorig.com/
COMPUTEX TAIPEI 2018 記事一覧: http://www.gdm.or.jp/computex2018/

totop