Core i9搭載の最強機に144Hz高速液晶の極薄モデル!MSIが最新世代のゲーミングノートを発表

2018.04.15 00:00 更新

2018.04.15 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

株式会社エムエスアイコンピュータージャパンは2018年4月12日、京都市内にてIntel第8世代Coreプロセッサを搭載するゲーミングノートPCの新製品発表会を開催した。お披露目されたのは、モバイル向け初のCore i9を搭載するモンスターノートや、狭額縁の高速描画液晶を採用した極薄モデルなど、いずれも注目製品揃い。来週にも市場に投入される、最新かつ最先端のゲーミングノートを一足早くチェックしておこう。

 

MSIが最新プロセッサ搭載のハイエンドゲーミングノートを発表

03_msi_note_press180412_1024x768 04_msi_note_press180412_1024x768
アキバを遠く離れ、京都コンピュータ学院にて開催されたMSIのゲーミングノート新製品発表会。会場には、プレス関係者以外に同校の学生たちも多く参加した

グローバルのゲーミングノート市場を牽引しているMSIから、“Coffee Lake-H”ことIntelのモバイル向け第8世代Coreプロセッサ搭載の最新モデルが発表された。会場となったのは、創立55年の歴史をもつ京都市内の専門学校「京都コンピュータ学院」だ。

05_msi_note_press180412_1024x768 06_msi_note_press180412_1024x768
さすがは国内初のコンピュータ専門学校とあって、校内には歴史ある黎明期のコンピュータ製品も多数展示されていた

なにやら意外な場所での開催のように思えたが、実は昨今のMSIは文京分野へ積極的に進出しており、同学院のゲーム開発系学科にもMSI製ゲーミングノートが本格採用されている。ゲーム開発や3D制作の現場では、フットワークの軽さと同時に、一般的なノートPCのスペックを凌駕するハイパフォーマンスなGPU性能が求められるためだ。

こうしたニーズにMSI製のゲーミングノートが強力にフィット、ハリウッドなど第一線で活躍するクリエイターにも愛好者が多いという。しかし学生たちが授業の度に、一斉にド派手なゲーミングノートを開くというのは、想像するとなかなか壮観な光景だ。

07_msi_note_press180412_1024x768 08_msi_note_press180412_1024x768
発表会冒頭に登壇して挨拶した、エムエスアイコンピュータージャパンノートPC営業部部長のRicky Chiang氏 会場を提供した、京都コンピュータ学院のデジタルゲーム学系主任 高橋功氏
09_msi_note_press180412_1024x768 10_msi_note_press180412_1024x768
Intelのモバイル向け第8世代Coreプロセッサの解説を行う、インテル株式会社のコンスーマー・クライアント・マーケティング部部長 森井信吉氏 ゲーミングノート市場の動向について語る、キヤノンマーケティングジャパン株式会社主席の村中恒夫氏
11_msi_note_press180412_1024x768 12_msi_note_press180412_1024x768
VRについて主に学生向けに講演を行った、株式会社アルファコード代表取締役社長の水野拓宏氏 映画「300」の製作にも携わった経験をもつ、京都情報大学院講師のキリル・コシック氏。同氏によれば、ハリウッドにもMSI製ゲーミングノートの愛好者が多く存在するとか

最強モバイルCPUや薄型メカニカルキーボード搭載のモンスターノート「GT75 Titan」

13_msi_note_press180412_1024x768
最新世代で最強のゲーミングノート「GT75 Titan」。モバイル向けではIntel初の6コアCPUである、Core i9-8950HKを搭載している

発表会で披露された中でも、ウルトラハイエンドに君臨する最上位機種が「GT75 Titan」だ。“Intel史上最高のモバイルCPU”としてリリースされた「Core i9-8950HK」(6コア12スレッド/最大4.8GHz)とGeFoce GTX 1080を搭載したモンスタースペックを誇る。重さも約4.56kgとヘビー級だが、デスクトップのゲーミングPCに匹敵するハイパフォーマンスを実現した。

冷却機構には、大型ファン2基と9本ものヒートパイプを組み合わせた「Cooler Boost Titan」が採用され、Core i9 CPUのオーバークロックにも対応する。

14_msi_note_press180412_1024x768 15_msi_note_press180412_1024x768
重さは4kgオーバーという、肉厚な筐体。背面からは、大掛かりな冷却機構「Cooler Boost Titan」が確認できる

ディスプレイはフルHDの17.3インチ液晶で、リフレッシュレート120Hz(3ms応答)の高速描画に対応。最大64GB構成も可能なDDR4-2666MHzメモリ、512GB NVMe SSDなどを組み合わせる。

そのほか、キーボードにはキーストローク3mmかつ1.5mmアクチュエーションの薄型メカニカルキーボードを採用。Steelseriesとのコラボレーションによる「Per-KeyRGB」仕様のRGBイルミネーションにも対応する。

ネットワークは有線・無線ともにゲーミング御用達のKiller NIC仕様としたRivet Networks Killer E2500 GBLAN+Killer Wireless-AC 155Qiを搭載。ハイレゾ対応DACを内蔵したオーディオ端子、Thunderbolt 3などの豊富なインターフェイスも備えている。

16_msi_note_press180412_1024x768
打鍵感良好な薄型メカニカルキーボードを搭載。1.5mmの短接点仕様で、ゲーミングでの高速入力に適している
17_msi_note_press180412_1024x768 18_msi_note_press180412_1024x768
ハイレゾ対応DACを内蔵したオーディオ端子など、豊富なインターフェイスを搭載。モンスタースペックを安定動作させるため、2基のACアダプタをジョイントさせて給電している

4月20日より順次販売が開始される予定で、市場想定売価は税込440,000円前後からと、こちらもヘビー級だ。

なお、MSIは「GT75 Titan」シリーズ以外にも、高クロック版のCore i9-8850Hと2基のGeForce GTX 1080をSLI構成で搭載した「GT83 Titan SLI」、15.6インチタイプ最強を謳う「GT63 Titan」も発売予定という。まだ発売時期や価格などは調整中とのことだが、追加投入のラインナップも要チェックだ。

19_msi_note_press180412_1024x768 20_msi_note_press180412_1024x768
新製品開発を担当したエムエスアイコンピュータージャパン新井雅俊氏より、さらなる上位機種の「GT83 Titan SLI」も発表。高クロック版Core i9とSLI構成のGTX 1080を搭載、銀軸採用の本格メカニカルキーボードも備える

ハイスピード液晶搭載の極薄・超軽量な高性能モデル「GS65 Stealth Thin」

21_msi_note_press180412_1024x768
歴代最も人気が高いという、薄型モデルの進化系「GS65 Stealth Thin」。狭額縁デザインの高速描画ディスプレイを搭載している

そしてMSIが最上位機種以上に期待しているという、注目モデルが「GS65 Stealth Thin」。薄型軽量「GS」シリーズの進化系と位置付けられる製品で、筐体はわずか17.9mm厚、重さも1.88kgと超軽量。そして際立ったスリム感を演出しているのは、15.6インチながら“14インチサイズ”を実現した狭額縁ディスプレイだ。

ディスプレイは、MSI製ゲーミングノートとして初めてリフレッシュレート144Hz(7ms応答)の高速描画に対応。FPSやレースゲームといった、動きの激しいゲームでも滑らかな映像表示を可能にしている。

筐体の随所にゴールドカラーをあしらったビジュアルも特徴で、ゲーミングノートには珍しく、エレガントなデザインが印象的だ。

22_msi_note_press180412_1024x768 23_msi_note_press180412_1024x768
非常にスリムな筐体を採用、厚みはわずか17.9mmで重さは1.88kgだ
24_msi_note_press180412_1024x768
ロゴや装飾にゴールドを配色した、エレガントなデザイン。ド派手なイメージの従来型ゲーミングノートとは異なるコンセプトだ

もちろん極薄形状ながら性能は一級品で、Core i7-8750H(6コア12スレッド/最大4.1GHz)とMax-QデザインのGeForce GTX 1070を内蔵。0.2mmの極薄ブレードを47枚並べた3連ファンと4本のヒートパイプを組み合わせる「Cooler Boost Trinity」を新設計、冷却面にも抜かりはない。

そのほか、スペックは最大32GBを実装できるDDR4-2666MHzメモリ、合計512GBのMVNe SSDなど。ネットワークは上記同様にKiller E2500 GBLAN+Killer Wireless-AC 155Qiを搭載し、オーディオは高音質なDYNAUDIO製スピーカーやハイレゾ対応DAC内蔵端子を装備。「Per-KeyRGB」に対応したSteelseriesコラボのキーボードも備えている。

4月20日より順次販売が開始される予定で、市場想定売価は税込320,000前後から。

25_msi_note_press180412_1024x768 26_msi_note_press180412_1024x768
「Per-KeyRGB」対応のSteelseriesキーボードや高音質スピーカーを内蔵。なお、改良を重ねたACアダプタは、いまやスマホ大に近いサイズまで小型化している

天板に美麗イルミを搭載した「GE73/GE63 Raider RGB」

30_msi_note_press180412_1024x768
ハイパフォーマンスシリーズの「GE63 Raider RGB」。最大12スレッドのCore i7を搭載したモデルだが、最も目を引くのは進化したイルミネーションだろう

「GT」シリーズに次ぐ多機能・高性能モデルに位置付けられる「GE」シリーズからは、17.3インチ「GE73 Raider RGB」と15.6インチ「GE63 Raider RGB」が登場。最大の魅力は、天板に内蔵された合計24ゾーンの分割カスタマイズが可能な「Mystic Light」対応のRGBイルミネーションだ。

31_msi_note_press180412_1024x768 32_msi_note_press180412_1024x768
天板に仕込まれたイルミネーションは、左右合計24ゾーンのカスタマイズに対応。キーボードと相まって、かなりド派手な演出が楽しめる
33_msi_note_press180412_1024x768
サイズ違いで2シリーズをラインナップ。こちらはGTX 1070を搭載する17.3インチモデル「GE73 Raider RGB」だ

ディスプレイは、いずれもリフレッシュレート120Hz対応(3ms応答)のフルHD液晶を採用。Core i7-8750H(6コア12スレッド/最大4.1GHz)とGeForce GTX 1070(「GE63」はGeForce GTX 1060)を搭載し、冷却はデュアルファンと7本パイプの「Cooler Boost 5」が組み込まれている。

そのほか、ネットワークはKiller E2500ギガビットLAN+Killer Wireless-AC 1550、「Per-KeyRGB」対応のRGBイルミネーションキーボードも搭載している。

それぞれの市場想定売価は、「GE73 Raider RGB」が税込300,000円前後から、「GE63 Raider RGB」は税込260,000円前後からとなっている。いずれも4月20日より順次発売開始の予定だ。

35_msi_note_press180412_1024x768 36_msi_note_press180412_1024x768
冷却は強力な「Cooler Boost 5」、キーボードは「Per-KeyRGB」仕様のSteelseries製を採用している

上位匹敵のスペックをもつメインストリーム向け「GP63 Leopard」

37_msi_note_press180412_1024x768
なかなか豪華な仕様をもつ、魅力的なメインストリームモデル「GP63 Leopard」

メインストリームモデル「GP」シリーズからは、2017年版の「GE63」をベースとしたデザインを採用する新型「GP63 Leopard」が登場する。

ディスプレイは、リフレッシュレート120Hzの15.6インチフルHD液晶を搭載。Core i7-8750H(6コア12スレッド/最大4.1GHz)とGeForce GTX 1060を内蔵し、冷却にも「Cooler Boost 5」を組み込むなど、上位モデルに匹敵する豪華な仕様になっている。

ネットワークはKiller E2400ギガビットLAN+Intel Wireless-AC9560無線LANを備え、キーボードは3ゾーンのカスタマイズが可能なRGB対応の「Steelseriesゲーミングキーボード」を搭載する。

38_msi_note_press180412_1024x768 39_msi_note_press180412_1024x768
従来型の筐体デザインを採用しつつ、スペックは最先端。キーボードは「Per-KeyRGB」仕様ではないものの、RGB対応のSteelseriesキーボードを備える

市場想定売価は税込230,000円前後からで、4月20日より順次発売開始。なお、会場には持ち込まれなかったものの、同じくメインストリーム向けには税込220,000円前後の「GF72」、さらにエントリー向けの「GL」「GV」シリーズの新モデルも投入を予定しているとのこと。特にまだ発売時期・価格ともに調整中という、エントリーモデルには期待したい。

洗練されたUIに新機能も搭載、独自ユーティリティ「Dragon Center 2.0」

40_msi_note_press180412_1024x768
ゲーミングノートに合わせてブラッシュアップされた、MSIの独自ユーティリティ「Dragon Center 2.0」も発表された
41_msi_note_press180412_1024x768 42_msi_note_press180412_1024x768
UIが一新され、システムモニターの使い勝手が向上。チューニング画面もまた、全項目をコンパクトにまとめて表示するスタイルに変更された
43_msi_note_press180412_1024x768 44_msi_note_press180412_1024x768
メモリ解放機能などが可能な「Gaming Mode」や、ボイスチャットとゲームボリュームを自動調整する「Voice Boost」などの新機能が追加されている

プロゲーミングチーム「SunSister」とのメインスポンサー契約締結が発表

45_msi_note_press180412_1024x768
イベント最後には、“サプライズ”として「PUBG」や「AVA」、「Overwatch」などで活躍するプロゲーミングチーム「SunSister」とのスポンサード契約が発表された
46_msi_note_press180412_1024x768 47_msi_note_press180412_1024x768
「SunSister」をメインスポンサーとして、様々な側面から支援していくことが決定。発表に際して、Sunsister代表の太田氏とチームメンバーが登壇した

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
エムエスアイコンピュータージャパン株式会社: https://jp.msi.com/

totop