4枚のNVMe SSDを搭載できる多機能変換カード、ASRock「Ultra Quad M.2 Card」発売開始

2018.02.16 13:17 更新

2018.02.16 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

NVMe M.2 SSDを最大4枚搭載できるPCI-Express(x16)変換カード「Ultra Quad M.2 Card」が、ASRock Incorporation(本社:台湾)から発売開始。販売価格は税込12,938円だ。

アルミニウム製カバーと50mmファンでNVMe SSDを強力に冷却

Ultra Quad M.2 Card 販売価格税込12,938円(発売中)
http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2018/0209/252132
http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2018/0111/248896
20180216_akiba_01_1024x768_03
「Ultra Quad M.2 Card」を使えば、4枚のNVMe M.2 SSDをPCI-Express3.0(x16)で接続できる

NVMe M.2 SSDを最大4枚まで搭載し、RAID環境を構築できる変換カードASRock「Ultra Quad M.2 Card」がアキバに登場。パソコンショップアークオリオスペックで販売中だ。

DSCN7075 20180216_akiba_01_1024x768_10

同様のアイテムは、すでにASUSから「HYPER M.2 X16 CARD」が販売されているが、「Ultra Quad M.2 Card」では、ファンの回転数調整やM.2 SSDの搭載状況が確認できる専用ユーティリティが付属。さらに50mm口径ファンと、アルミニウム製カバーに熱を効率良く伝える110mmの大型サーマルパッドを搭載することで冷却性能を高めた。

20180216_akiba_01_1024x768_05
ヒートシンクを兼ねたアルミニウム製カバーには、110mmの大型サーマルパッドが貼り付けられている

基板上の4基のM.2スロットは、PCI-Express3.0(x16)コネクタからの配線を最小限に抑えるため45°の角度でレイアウト。またすべてのスロットに十分な電力を供給するため、6pin(12V)の補助電源コネクタを備えるのも特徴だ。

20180216_akiba_01_1024x768_04
M.2スロットを45°の角度にレイアウトすることで、コネクタからの配線を最適化。また口径50mmファンを搭載することで冷却性能を向上

対応プラットフォームはAMD X399およびIntel X299(Intel Virtual RAID on CPU)で、複数の「Ultra Quad M.2 Card」を管理するためのオンボードスイッチを装備。外形寸法は243.84×111.76mm、バスインターフェイスはPCI-Express3.0(x16)で、製品にはクイックインストールガイド、サポートCD、M.2用ネジ4本が付属する。

20180216_akiba_01_1024x768_07 20180216_akiba_01_1024x768_08
クイックインストールガイドによれば、「X299 Professional i9 XE」「X299 Taichi XE」「X299 Extreme4」「Fatal1ty X399 Professional Gaming Series」「X399 Taichi」に正式対応する

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
ASRock Incorporation: http://www.asrock.com/

totop