Coffee Lakeの実力を体験できる。Core i7-8700K実動デモがドスパラ 秋葉原本店で開始

2017.10.13 19:00 更新

2017.10.13 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

Intelの新メインストリームCoffee Lakeこと、Core i7-8700Kを搭載する実動デモ機の展示がドスパラ 秋葉原本店でスタート。レンダリングベンチマーク「CINEBENCH R15」がインストールされ、気になるパフォーマンスを実際に体験することができる。

ドスパラ 秋葉原本店でCore i7-8700K搭載PCが展示中

GALLERIA FZ 基本構成売価税抜249,980円(発売中)
http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2017/1011/239044/
171013_02_akiba_1024x768_03
Coffee Lake最上位モデルCore i7-8700Kを搭載する「GALLERIA FZ」のデモ展示が開始

Intel製メインストリームCPU初。6コア/12スレッド対応のCoffee Lake搭載デスクトップPCの実動デモが、本日13日よりドスパラ 秋葉原本店で開始された。今回展示されているのは、ゲーミング向け「GALLERIA」シリーズのハイエンドモデル「GALLERIA FZ」。店舗および通信販売サイトではすでに受注が開始され、納期は3日前後の見込み。

171013_02_akiba_1024x768_04
本日より一斉に受注が開始されたCoffee Lake搭載PC。ドスパラでは注文後3日前後で配送できるという

使用されているCPUは、最上位モデルCore i7-8700K(6コア/12スレッド/定格3.70GHz/TB時4.70GHz/キャッシュ12MB/TDP95W)で、グラフィックスカードはGeForce GTX 1080 Tiを標準装備。マザーボードはIntel X370チップのATXモデルで、DDR4 16GBメモリ(PC4-21300)、500GB SSD、3TB HDD、DVDスーパーマルチドライブ、Enhance製80PLUS GOLD認証800W電源ユニット等で構成される。

171013_02_akiba_1024x768_05 171013_02_akiba_1024x768_06
GeForce GTX 1080 Tiをはじめ、CPU以外のコンポーネントもハイエンドなものがチョイスされている

またデモ機には定番のレンダリングベンチマーク「CINEBENCH R15」がプリインストールされ、来場者は実際にそのパフォーマンスを体験可能。さらに左サイドパネルはスケルトン仕様のため、内部の確認もできる状態だ。

171013_02_akiba_1024x768_07
「CINEBENCH R15」のベンチマーク結果。SandyBridge-E世代の6コアCPU Core i7-3930Kを軽く上回るスコアを計測

なおドスパラ秋葉原各店舗の再編による改装に伴い、明日14日からは展示場所が5階の臨時売場に変更されるとのこと。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 Tawashi/池西 樹
ドスパラ 秋葉原本店: http://www.gdm.or.jp/shop/dos-akiba/

totop