Western DigitalのエントリーSSD「WD Green」の発売が18日に決定。予約受付スタート

2016.11.11 18:36 更新

2016.11.11 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
SSD

 Western Digital Corporation(本社:アメリカ カリフォルニア州)のエントリー向けSSD「WD Green」シリーズが11月18日より発売開始。複数のショップでは予約受付もスタートしている。

コストパフォーマンス良好なエントリー向けSATA3.0 SSD

WD Greenシリーズ(11月18日発売開始)
WDS120G1G0A(2.5インチ / 120GB) 販売予価税抜4,612円
WDS240G1G0A(2.5インチ / 240GB) 販売予価税抜7,667円
WDS120G1G0B(M.2 2280 / 120GB) 販売予価税抜5,260円
WDS240G1G0B(M.2 2280 / 240GB) 販売予価税抜8,223円
http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2016/1012/181114
Western Digitalブランドでは2モデル目となるコンシューマ向けSATA3.0(6Gbps) SSD「WD Green」が11月18日より発売開始

Western Digitalのエントリー向けSATA3.0(6Gbps) SSD「WD Green」シリーズの予約受付が複数ショップでスタート。11月18日より発売が開始される。

先月登場した「WD Blue」の下位モデルで、同社によれば「日常的な作業をするPCのアップグレードに最適」とのこと。容量ラインナップは120GBと240GBの2モデル展開で、フォームファクタは2.5インチとM.2 2280の2種が用意される。

コントローラはSilicon Motion製で、MTTFは175万時間、製品保証は3年間。主なスペックは120GBモデルが、シーケンシャル読込540MB/sec、書込430MB/sec、ランダム読込37,000 IOPS、書込63,000 IOPS、書込耐性は40TBW。240GBモデルが、それぞれ540MB/sec、465MB/sec、37,000 IOPS、68,000 IOPS、80TBW。

上位モデル「WD Blue」に比べると転送速度、書込耐性とも控え目。その分価格も抑えられている

なお取材時点で予約受付を確認したのはツクモパソコン本店ツクモDOS/Vパソコン館TSUKUMO eX.など。

文: GDM編集部 Tawashi / 池西 樹
Western Digital Corporation: http://www.wdc.com/

totop