【COMPUTEX】ADATAから遂にNVMe対応M.2 SSD登場。3D NAND採用により最大容量は2TB

2016.06.08 00:01 更新

2016.06.08 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

 南港展覧館の一等地に巨大ブースを構えるADATA Technology(本社:台湾)は、今年後半にかけて発売予定の新作SSDを持ち込んだ。同社初のNVMe対応モデルや3D NAND採用モデルなど、まとめて紹介していこう。

ダイを積層させた3D NANDを採用する新作SSDを多数展示

ADATAブースでは、今年後半にかけて発売予定の新作SSDが多数展示されていた。そのほとんどにNANDフラッシュダイを積層させた3D NANDを採用しており、従来モデルに比べて大容量化が可能。さらに信頼性や耐久性についても向上しているという。

NVMeに対応するPCI-Express3.0(x4)SSD「XPG SX8000NP」。M.2フォームファクタながら2TBの大容量を実現

「XPG SX8000NP」は、コンシューマ向けでは同社初となるPCI-Express3.0(x4)接続のNVMe SSD。フォームファクタはM.2 2280と2.5インチの2種が用意され、容量は2TBまで対応。ノートPCやNUCなどのコンパクトPCでも大容量かつ超高速なストレージ環境を構築できるとしている。

コントローラはSilicon Motion「SM2260」、NANDフラッシュは3D MLC NANDで、転送速度はシーケンシャル読込が最高2,000MB/sec、書込が800MB/sec。発売は2016年Q4を予定しているという。

PCI-Express2.0(x4)対応のRealtek製コントローラを採用する「XPG SX7000NP」。Haswell世代のアップグレードに良さそうだ

「XPG SX7000NP」は、PCI-Express2.0(x4)接続に対応するRealtek製コントローラ「RTS5760」を搭載するM.2 SSD。

型番から分かる通り「XPG SX8000NP」の下位モデルで、NANDフラッシュはTLC NANDを採用。転送速度はシーケンシャル読込が最高2,000MB/sec、書込が800MB/secで、最大容量は1TB。なおこちらも発売は2016年Q4を予定している。

2.5インチSATA3.0(6Gbps)SSDのフラッグシップモデル「XPG SX950」

「XPG SX950」は、2.5インチSATA3.0(6Gpbs)SSDのフラッグシップモデル。コントローラはSeagate製とされ、高耐久技術として「DuraWrite II」「RAISE」「SHIELD」などの機能を搭載する。

NANDフラッシュは3D MLC NAND、転送速度はシーケンシャル読込が最高560MB/sec、書込が530MB/secで、容量は128GB~1TB。発売は2016年Q3を予定している。

3D TLC NANDを採用するミドルレンジモデル「Ultimate SU800」

「Ultimate SU800」は、3D TLC NANDフラッシュを採用する2.5インチSSDのミドルレンジモデル。NANDフラッシュの一部をSLCキャッシュとして使用する「SLC Chache」機能を搭載する。

コントローラはSilicon Motion「SM2258」、転送速度はシーケンシャル読込が最高560MB/sec、書込が510MB/sec、容量は128GB~1TB。発売は2016年7月より開始される予定。

近頃のSSDでは珍しいDRAMキャッシュ非搭載の廉価モデル「Ultimate SU700」。基板の小型化が可能な点もコストの点ではメリットになる

「Ultimate SU700」は、Maxiotek製コントローラと3D TLC NANDフラッシュを搭載するエントリーモデル。DRAMキャッシュを非搭載とすることでコストを下げ、1TBで約200ドルという低価格を実現しているのが特徴だ。

転送速度は明らかにされていないが、CrystalDiskMarkではシーケンシャル読込が554MB/sec、書込が528MB/secを計測しており、パフォーマンスは上々。容量は128GB~1TBで、発売は2016年7月より開始される予定だ。

同社のエンタープライズ向けSSDでは初の3D NAND対応モデル「SR1030」

「SR1030」は、エンタープライズ向け初の3D NAND採用モデル。コントローラはSeagate「SF3514」、インターフェイスはSATA3.0(6Gbps)で、フォームファクタは2.5インチとM.2の2種がラインナップ。

転送速度はシーケンシャル読込が最高560MB/sec、書込が530MB/sec、容量は128GB~1TB。発売は2016年8月より開始される予定。
(Nangang Booth No. Exhibition Hall 1 J0806)

文: GDM編集部 池西 樹
ADATA Technology: http://www.adata.com/

totop