税込約140万円。44コア/88スレッドのモンスターワークステーションがオリオスペックで展示中

2016.05.19 18:50 更新

2016.05.19 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

 Broadwell-EP最上位となるXeon E5-2699 v4をデュアル実装した超ハイエンドワークステーションがオリオスペックにて展示中。その圧倒的なパフォーマンスの一端をご紹介していこう。

「CINEBENCH R15」では脅威の“5155cb”を記録

DualForce WS v4 基本構成売価税込521,640円から(近日発売予定)
http://www.oliospec.com/
※掲載時、製品情報なし
PCケースにPhanteks「ENTHOO PRIMO」を採用するワークステーションモデル「DualForce WS v4」

Broadwell-EP最上位モデルXeon E5-2699 v4(22コア / 44スレッド / 2.20GHz / キャッシュ55MB)をデュアル実装させた、ハイエンドワークステーションがオリオスペックにて展示中だ。

Cooler Master製オールインワン水冷キットや1,200WのPLATINUM認証電源、Noctua製冷却ファンなど高品質なコンポーネントを採用することで、高TDPのBraodwell-EP×2でも安定動作が可能

ベースとなるシステムは、ASUS「Z10PE-D16 WS」(Intel C612 / LGA2011v3×2)を採用する「DualForce WS v4」。基本構成でXeon E5-2630 v4(10コア / 20スレッド / 2.20GHz / キャッシュ25MB)×2と、DDR4-2400 64GB(ECC / 8GB×8)を搭載するかなり強力なシステムだが、オリオスペックではCPUをXeon E5-2699 v4へと換装。最大88スレッドの同時処理を可能にしたモンスターワークステーションへと仕上げた。

「CINEBENCH R15」のマルチコアテストでは5,155cbを計測

そのパフォーマンスは素晴らしく、定番3Dレンダリングベンチマーク「CINEBENCH R15」のマルチコアテストは約2秒ほどで完了。スコアは脅威の5,155cbを計測した。ただし、その分価格も圧巻。基本構成売価税込521,640円から1,433,116円と跳ね上がる。

デバイスマネージャーやタスクマネージャーでは88個のCPUが認識するため、画面内に収まり切らない

ちなみに「DualForce WS v4」の受注は来週から開始され、もちろんXeon E5-2699 v4の選択も可能。なおデモ機の展示は明日20日(金)までとなるので、気になるなら早めに足を運んでみるといいだろう。

文: GDM編集部 Tawashi / 池西 樹

totop