Intel初、TLC NAND採用のエントリーSSD「SSD 540s」シリーズ発売開始

2016.04.14 00:01 更新

2016.04.14 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
SSD

 Intel Corporation(本社:アメリカ カリフォルニア州)TLC NANDフラッシュ採用エントリーSSD「SSD 540s」シリーズパソコンショップアークに入荷。本日4月14日(木)より発売が開始される。

2.5インチとM.2フォームファクタに対応。最大容量はいずれも1TB

SSD 540sシリーズ(4月14日発売)
2.5インチモデル(180GB~1TB) 売価税込8,380~37,980円
M.2 2280モデル(180GB~1TB) 売価税込10,260~43,980円
http://www.intel.com/content/www/us/en/solid-state-drives/solid-state-drives-540s-series.html
TLC NANDフラッシュを採用するエントリー向けSSD「SSD 540s」シリーズ。パッケージデザインも従来のものから刷新されている

Intel初となるTLC NAND採用SATA3.0(6Gbps) SSD「SSD 540s」シリーズの入荷をパソコンショップアークにて確認。本日4月14日(木)より発売が開始される。コストパフォーマンスを重視した「SSD 5」シリーズに属するエントリーモデルで、フォームファクタは2.5インチとM.2 2280の2種が用意される。

フォームファクタは2.5インチとM.2の2種。製品サイトを確認すると容量は120GBから1TBまで用意されるが、今回120GBモデル(M.2は240GBも)は入荷していなかった

NANDフラッシュの製造プロセスは16nm、コントローラは非公開とされ、転送速度はシーケンシャル読込最大560MB/sec、書込最大480MB/sec、ランダム読込最大78,000 IOPS、書込最大85,000 IOPS。消費電力はM.2モデルが、アクティブ時80mW、アイドル時40mW、2.5インチモデルでもアクティブ時90mW、アイドル時50mWしかなく、ノートPCと組み合わせればバッテリー駆動時間の延長効果も期待できる。

容量ラインナップは180GB、240GB(M.2モデルは今回入荷なし)、360GB、480GB、1TBの5モデル展開。MTBFは160万時間とされ、製品にはメーカーの5年保証が提供される。なお外形寸法および重量は、2.5インチモデルがW69.85×D100.45×H7mm / 最大65g、M.2モデルがW22×D80×H2.38~3.73mm / 最大7g。各モデルの販売価格は以下の通り。

文: GDM編集部 Tawashi / 池西 樹
Intel Corporation: http://www.intel.com/

totop