【COMPUTEX】「GeForce GTX 980 Ti」を最速級チューニング。ZOTACが一気に4モデルを公開へ

2015.06.04 10:00 更新

2015.06.04 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

 発表と同時に「GeForce GTX 980 Ti」搭載グラフィックスカードの第1弾モデルをリリースしたZOTAC。COMPUTEXでは、NVIDIA陣営を代表するベンダーとして、オリジナルVGAクーラー搭載モデル4種類を持ち込んできた。(ブースNo:L1025A)

スーパーOC仕様の“AMP! Extreme Edition”も登場

登場したのは「GeForce GTX 980 Ti AMP! Extreme」「GeForce GTX 980 Ti AMP! OMEGA EDITION」「GeForce GTX 980 Ti AMP! EDITION」と空冷+水冷のハイブリッド仕様「GeForce GTX 980 Ti ARCTICSTORM」の4モデル。なんといっても注目は、ZOTACが最速級のチューニングを施したスーパーOC仕様のフラッグシップモデル「GeForce GTX 980 Ti AMP! Extreme」だ。

3連装ファンを並べた約300mmのビッグクーラー「IceStorm」が特徴的な「GeForce GTX 980 Ti AMP! Extreme」

担当により明らかにされたスペックは、コアクロック1,253MHz(リファレンス1,000MHz)、ブーストクロック1,335MHz(リファレンス1,075MHz)、さらにメモリクロックも7,210MHz(リファレンス7,010MHz)までオーバークロックされている。早ければ今月中旬にも登場するという同カードは、税抜120,000円ほどに設定されている。

「GeForce GTX 980 Ti AMP! OMEGA EDITION」。こちらのクロックは未定。発売時期や予価も明らかにされていない 高負荷時でも安定した電力供給を実現する大容量コンデンサ「POWER BOOST」が確認できる
上位2モデルで実装される“EKO FANS”。電力消費を抑えつつ冷却性能がアップしている
「GeForce GTX 980 Ti AMP! EDITION」はコアクロック1,051MHz、ブーストクロック1,140MHzと控えめなOCモデル。価格は販売中のリファレンスモデル「ZOTAC GeForce GTX980Ti NVTTM」と同程度(税抜99,800円)の予定で6月末発売予定
空冷+水冷のハイブリッド仕様「GeForce GTX 980 Ti ARCTICSTORM」。コアクロック1,025MHz、ブーストクロック1,114MHz
水冷システムでも利用可能。基板裏面の鉄板デザインもどこか涼しげ

文: GDM編集部 Tawashi
ZOTAC International (MCO) Ltd.: http://www.zotac.com/
株式会社アスク: http://ask-corp.jp/

totop