Cooler Master製オールインワン水冷クーラー「Seidon 120M」の発売が本日よりスタート

2013.02.15 17:24 更新

2013.02.15 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket

Cooler Masterブランド期待のオールインワン水冷クーラー「Seidon 120M」の販売が本日15日より開始された。今回入荷を確認したのはTSUKUMO eX.ツクモパソコン本店で、価格はいずれも税込11,800円。

マイクロチャンネル構造でTDP250Wまでサポートするハイエンド水冷クーラー

Cooler Masterブランド期待のオールインワン水冷クーラー「Seidon 120M」の販売が遂にスタートした。CPUと接触する銅製ベースには、冷媒液との接触面積を増やすため、微細な溝を設けた「マイクロチャンネル」構造を採用。さらにコンパクトなヘッド部にはスムーズに冷媒液を循環できる、強力なポンプを実装することで、TDP250Wという高い冷却性能を実現している。

銅製ベース部に細かい溝を設けることで、冷媒液との接触面積を増やしたマイクロチャネル構造を採用

冷却用のラジエターはアルミ製で、W118×D27×H150.3mmのスタンダードタイプ。また冷却ファンはライフルベアリングの120mmファン×1(600~2,400rpm/風量19.17~86.15CFM/騒音値は19~40dBA)が搭載され、別売りファンを取り付けてデュアルファン構成とすることもできる。

コンパクトにまとめられた水冷ヘッド。マザーボードやケースとの干渉の心配はない 静音性と冷却性能を両立する回転数可変の120mmPWMファンを標準装備

対応ソケットは、IntelがLGA2011/1156/1155/1150/775、AMDがSocket FM2/FM1/AM3+/AM3/AM2+/AM2。なお製品寿命はファンが40,000時間、ポンプが70,000時間に設定されている。

文: GDM編集部 Tawashi/GDM編集部 池西 樹
製品情報(Cooler Master): http://www.coolermaster.co.jp/product.php?product_id=6780

totop