新コントローラ「MDX」搭載のSAMSUNG「SSD 840」シリーズが明日24日販売開始

2012.10.23 18:48 更新

2012.10.23 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

SAMSUNGの人気SATA3.0対応SSD「SSD 830」の正当後継モデル「SSD 840」が明日24日より販売開始される。なお今回入荷を確認したのは120GB、240GB、500GBの3モデルで実勢価格はそれぞれ8,800円前後、15,800円前後、37,000円前後。

  • SAMSUNG製SSDメインストリーム向けモデル「SSD 840」シリーズ

TLC NANDフラッシュ搭載のSAMSUNG製メインストリームモデル

SAMSUNGのメインストリーム向けSATA3.0対応SSD「SSD 840」シリーズが明日24日より販売開始される。Cortex-R4ベースのトリプルコアコントローラ「MDX」採用により既存モデル「SSD 830」からランダムアクセスが高速化されているのが特徴だ。

SAMSUNG製SSDの国内販売代理店ITGマーケティング株式会社の正規取扱製品

またNANDフラッシュはToggle MLCから、より大容量化が可能なTLCへと変更されており、オーバープロビジョニング領域も設けられている。転送速度は容量によって異なるが、500GBモデルではシーケンシャル読込540MB/sec、書込330MB/sec、ランダム読込98,000 IOPS、書込70,000 IOPSの高速アクセスを実現する。

パッケージ裏面のスペック表。Toggle DDR2.0 NAND Flash Memoryの記載があるが実際にはTLC NANDフラッシュを採用する 容量は120GB、250GB、500GBの3モデル。コントローラの刷新によりランダムアクセスが高速化されている

なお20nmプロセスのToggle MLC NANDフラッシュを搭載した上位モデル「SSD 840 PRO」シリーズは10月下旬より販売が開始される予定。

文: GDM編集部 Tawashi/池西 樹
ITGマーケティング株式会社: http://www.itgm.co.jp/
SAMSUNG電子: http://www.samsung.kr/

totop