エルミタ的「編集部で使ってみた」

3プッシュで会計完了。iPhoneと使うコミケのためのレジ「レジプラ」で遊んでみた

2016.07.16 更新

文:GDM編集部 絵踏 一

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
オタクたちの祭典・夏コミ開催ももうすぐといったこの時期に、売り手側にとって実にタイムリーなアイテムが登場した。即売会向けを謳う、iPhone連動のレジシステム「レジプラ」だ。物理ボタンを絡めた使い勝手が好感され、発売されるやたちまち完売。現在夏コミを照準に、量産モデルの生産が着々と進められているらしい。そこで今回は、来月に迫った“本番”を前に、店頭にてその使い心地をアレコレ試してみることにした。
TOKYO FLIP-FLOP「レジプラ組み立てキット」(型番:REGIPLA-01K)
製品情報(TOKYO FLIP-FLOP

もう“正の字カウント”不要。売り子さんのハートを掴んだ即売会向けレジ

コミケ出店のサークルさん待望、シンプル操作で確実な会計ができる即売会向けレジシステム「レジプラ」が人気だ。iPhoneをミニレジにする同人ハードで、スペースの限られたブース内でも邪魔にならないサイズ感が嬉しい

潜在的な需要を見事にとらえたアイテムということなのだろう。即売会などの頒布を経て、7月3日に発売された「レジプラ」がスマッシュヒットを飛ばしている。書道アプリ「Web書道」でも評判を呼んだTOKYO FLIP-FLOPによる同人ハードウェアで、コミックマーケットなど即売会向けを想定したレジシステム発売前の取材記事にも実に多くの反響があり、会計時に多大な苦労を抱える出店サークルのアツい期待感をヒシヒシと感じることになった。

キット版を販売する三月兎1号店では、試せるデモ環境も展開中。店頭での販売価格は税抜5,000円だ

そもそも即売会においては、価格が異なる複数の商品を手渡しで販売する中で、売り上げの集計を手作業で行っているサークルが少なくない。いわゆる正の字カウントのことで、(ある意味牧歌的な風景ではあるが)その面倒さは容易に想像できる。また、スマートフォン・タブレット向けに単体のレジアプリも複数リリースされているものの、これには画面をタッチするだけの会計に物足りなさを感じる向きもあるだろう。

サークルの売り子さんの多くが行っている、面倒な“正の字カウント”。この書き付け自体をなくしてしまっても一大事だが、「レジプラ」を使えばそういった苦労からは解放される

そうした問題点を解決するべく登場した「レジプラ」は、ボタンの付いたシンプルな「レジ」と、専用アプリをインストールしたiPhoneを組み合わせた。物理ボタンによる確実な動作とアプリ管理により、簡単かつ迅速な会計を狙ったというワケだ。専有面積も文庫本より小さく収まるなど、限られたスペースを活用するサークルに配慮した設計になっている。

物理ボタン搭載のレジに加えて、ビューワーとしてアプリをインストールしたiPhoneをセットで運用する。桐製の小箱にアクリルのスタンドが付いた、使い方同様にシンプルな構造だ。ちなみにスタンドは持ち運びの際にボックス内部に収納できる
totop