エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
強化ガラス採用デュアルチャンバケース、Lian Li「PC-O8」にブラック&ホワイトの新色登場
ドライアイスを使ったデモもあったGIGABYTEグラフィックスカードイベントをチェック
サンコー、iPhoneで360°全方位撮影ができる「Insta360 Nano」予約受付開始
コンポジットとアナログ音声をHDMI映像+音声に変換するアダプタ、サンワサプライ「VGA-CVHD4」
指先でラクラク操作。タッチセンサー搭載Bluetoothヘッドホンが上海問屋から
1万円台で買える、コスパ良好なZTEスマホ「BLADE E01」(強化版)がイオンモバイルから
3段階調節のブルーライトカット機能も搭載。省電力なオフィス向け液晶2製品がプリンストンから
オリオスペック、Noctua製CPUクーラー&ファンで構成するGTX 1070搭載の静音ゲーミングPC
サイコム、オリジナル水冷GTX 1070標準装備の「FF XIV」推奨PC受注開始
一回り小さくなったオープンフレームPCケース、Thermaltake「Core P3」29日より発売開始

HOTNEWS
● 遊び心と堅実さがミックスされた、BIOSTARのオモシロイ廉価マザー「H170GT3」
● これで全てが分かる。In Win「303」徹底解説
● 狙いは空冷最上位。Cooler Master「MasterAir Maker 8」を試す
● 3プッシュで会計完了。iPhoneと使うコミケのためのレジ「レジプラ」で遊んでみた
● スペースキーに多機能タッチセンサーが融合した、異色のメカニカルキーボード「POSEIDON Z Touch」を試す


1狙いは空冷最上位。Cooler Master「MasterAir Maker 8」を試す
2これで全てが分かる。In Win「303」徹底解説
3遊び心と堅実さがミックスされた、BIOSTARのオモシロイ廉価マザー「H170GT3」
43プッシュで会計完了。iPhoneと使うコミケのためのレジ「レジプラ」で遊んでみた
5これで全てが分かる。Fractal Design「Define R5」徹底解説

Home > レビュー > 撮って出し
PLEXTOR「M5M」シリーズでゲーミングノートのRAID 0パフォーマンス検証
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.213

PLEXTOR「M5M」シリーズでゲーミングノートのRAID 0パフォーマンス検証


2013年2月28日
TEXT:GDM編集部 池西 樹
RSS
 速攻撮って出しレビュー2回目の登場となるPLEXTOR「M5M」シリーズ前回のIntel NUCベアボーンを使った検証では、mSATA最高レベルの性能を遺憾なく発揮し、アキバでの人気も上々という。しかし、mSATA SSDの真価はやはりノートPCで使ってこそだろう。
 そんな折、MSIからmSATA RAIDに対応したハイエンドノートPC、MSI「GX60」が登場した。「M5M」シリーズのパフォーマンスを見るには都合がいい。そこで今回はPHILIPS & LITE-ON DIGITAL SOLUTIONS(PLDS)が展開するPLEXTORブランドの国内正規代理店株式会社リンクスインターナショナル(本社:東京都千代田区)およびエムエスアイコンピュータージャパン株式会社(本社:東京都台東区)協力のもと、「GX60」を使ったRAID 0ドライブのパフォーマンスと使い勝手をじっくりと検証していきたい。

「PX-128M5M」と「PX-256M5M」の異容量RAID 0ドライブに挑戦

M5M
「M5M」シリーズ128GBモデル「PX-128M5M」
製品情報(リンクスインターナショナル)製品情報(PLEXTOR
「M5M」シリーズ256GBモデル「PX-256M5M」 製品情報(PLEXTOR

RAIDドライブを構築する場合、同容量・同スペックの製品を2台用意するのがベストであることは言うまでもない。しかし、今回は機材調達の都合もあって128GB「PX-128M5M」256GB「PX-256M5M」の異なるモデルを使うことにした。
 RAID 0ドライブでは転送速度、容量とも低スペック側に合わせられるため、少々無駄はあるものの構築作業には特に問題はなかった。ちなみにスペックを確認すると、シーケンシャル読込とランダムアクセスについてはほぼ同等。ただし、シーケンシャル書込は「PX-128M5M」が320MB/sec、「PX-256M5M」が430MB/secと異なり、RAID 0ドライブでのパフォーマンスは最高でも640MB/sec前後で頭打ちになる計算だ。

M5M

Radeon HD 7970Mを搭載したハイエンドゲーミングノートMSI「GX60」

M5M
デスクトップPCに匹敵するグラフィックス性能と拡張性を兼ね備えたゲーミングノートPC、MSI「GX60」
製品情報(MSI

今回検証のため用意したノートPCは15.6インチフルHD液晶を搭載したMSI「GX60」。APUにAMD A10-4600M、グラフィックスにRadeon HD 7970Mを標準装備したハイエンドゲーミングモデルで、そのパフォーマンスはまさに秀逸。今回はテストのために数日間に渡り寝食を共にしたわけだが、もたつきを感じる場面もなく快適な作業環境を提供してくれた。

M5M M5M
液晶パネルはTNパネルだが、左右からの視野角は比較的広く色調変化などもあまり気にならない 本体に脇に貼られているスペックシール。Eyefinityテクノロジによる3画面表示やゲーマー向けネットワークチップKiller E2200搭載が謳われていた

また、拡張性の高さも特徴で、ストレージベイはmSATAスロット×2、2.5インチシャドウベイ×1の計3台分を用意。そのうちmSATA SSDのRAID 0ドライブを起動用、750GB HDDをデータ用として割り振ることで、高速かつ大容量ストレージ環境が構築できる。
M5M

M5M
AMD Radeon HD 7660GとAMD Radeon HD 7970Mの2系統のグラフィックスチップは、アプリケーションごとに使い分けが可能。また、RAIDドライブはチップセット内蔵機能を利用していることが確認できた
M5M
「3DMark 11 Version 1.0.3 Professional」のスコア。APUが足を引っ張りPhysics Scoreはやや低めだが、Graphics ScoreはRadeon HD 7850を超える性能を発揮する
M5M M5M
「CrystalDiskMark 3.0.2e」のスコアは、RAID 0ドライブとしては低調。テストデータ種別、テスト回数、データサイズなどを変更して数度に渡ってテストしたが結果は変わらなかった 「ATTO Disk Benchmark 2.47」の結果。読込は最大868MB/secとRAID 0ドライブらしいスコアだが、書込は最高189MB/secと物足りない。「M5M」シリーズに換装することでどのようにパフォーマンスが変わるのか後半セッションで検証していこう
次は...  「GX60」のmSATA SSDを交換して、RAID 0ドライブを構築する

1 2 3 4 5 6 7

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2016 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us