エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.345

極小メインマシンが組めるフル装備のMini-ITX、ASRock「Z97E-ITX/ac」

2014.08.06 更新

文:GDM編集部 絵踏 一

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 Haswell Refresh世代では省電力CPUのラインナップも拡充されたことから、小型マシンの自作がより一層面白くなってきた。今まで以上に要チェックなMini-ITXマザーボードは店頭でも存在感を増しているが、中でも発売後たちまちに人気モデルとなったのがASRock Incorporation(本社:台湾)「Z97E-ITX/ac」だ。とにかく全部入りな豪華仕様の構成が善哉、Mini-ITXサイズのメインマシン構築も視野に入ってくる。
ASRock「Z97E-ITX/ac」 実勢売価19,980円前後
製品情報(ASRock)(マスタードシード株式会社

先駆にして完成された新世代Mini-ITXマザー「Z97E-ITX/ac」

Haswell Refreshデビューから一拍置いての登場となったMini-ITXマザーボード群だが、その中でも「Z97E-ITX/ac」は最初期に発売されたモデルの1つ。以降続々と新モデルがリリースされているにも関わらず、未だに屈指の人気モデルに数えられる理由は、その完成度の高さにある。

Mini-ITXモデルでは珍しくM.2とSATA Expressの次世代インターフェイスをデュアル搭載しているほか、SATA 3.0(6Gbps)やUSB3.0/2.0をそれぞれ6ポート実装。さらに安定性に定評のあるIntelのネットワークチップや、IEEE802.11acとBluetooth 4.0に対応した無線モジュールまで備え、およそ隙のない“全部入り”仕様になっている。M.2スロットを背面に持ってくるなど随所に工夫が光り、いかにして170mm四方に機能を詰め込むかという、ASRockの気迫じみたものが伝わってくるようだ。

狭い面積によくぞここまで、というほど詰め込まれた多機能ぶりに驚かされる。最新インターフェイスのM.2は基板裏を利用して実装する

また、新世代ASRockマザーボードの特長でもある「Super Alloy Technology」による信頼性の高さも見逃せない。Mini-ITXモデルながら、高効率な「デュアルスタックMOSFET」や高耐久な「プレミアム合金チョークコイル」などの高品質コンポーネントを惜しげもなく実装。サージ保護・雷保護・静電気放電(ESD)保護でマザーボード破損を防ぐ「FULL SPIKE PROTECTION」にも対応しており、長く安心して付き合えるというワケだ。

信頼性の証「Super Alloy」のロゴを掲げた、ブラック基調のパッケージ。サイズはW280×D55×H240mmで、Mini-ITXモデルでは少々大きめかもしれない

目的や予算で選べるバリエーションモデル「Z97M-ITX/ac」「H97M-ITX/ac」もチェック

ASRockからは今回検証を行う「Z97E-ITX/ac」の他に、Intel 9シリーズチップセット搭載のMini-ITXバリエーションモデルとして2製品がラインナップされている。
 同じくIntel Z97 Expressチップを搭載しながら、M.2スロットやSATA Expressが省略された「Z97M-ITX/ac」と、Intel H97 Expressチップ搭載の「H97M-ITX/ac」だ。いずれもフル装備の「Z97E-ITX/ac」に比べ仕様の差別化により価格が抑えられている。予算や用途に合わせ、選択肢のひとつに加えて欲しい。

Z97M-ITX/ac 市場想定売価税抜15,980円前後 H97M-ITX/ac 市場想定売価税抜12,980円前後

totop