独自設計のツインタワー型CPUクーラー、サイズ「風魔弐」今月末発売

2019.04.10 17:00 更新

2019.04.10 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
株式会社サイズ(本社:千葉県松戸市)は2019年4月10日、オリジナル設計のサイドフロー型CPUクーラー「風魔弐」(型番:SCFM-2000)を発表した。出荷開始は4月24日の予定。
  • 独自設計のツインタワー型CPUクーラー、サイズ「風魔弐」今月末発売
  • 独自設計のツインタワー型CPUクーラー、サイズ「風魔弐」今月末発売

全高154.5mmに抑えた120mmデュアルファン構成の高冷却クーラー

サイズ「風魔弐」(型番:SCFM-2000) 市場想定売価税抜6,980円(4月24日出荷開始)
https://www.scythe.co.jp/category/product/cpu-cooler/air-cooling/

サイズオリジナル設計のサイドフロー型CPUクーラーの新製品。2015年10月に検証をお届けした「風魔」(型番:SCFM-1000)の2代目にあたる。対応ソケットはIntel LGA775/115x/1366/2011(V3)/2066、AMD Socket AM2(+)/AM3(+)/FM1/F2(+)/AM4。

scfm-2000_800x600b scfm-2000_800x600c

冷却機器としてのスタイルは、アルミニウム製ヒートシンク(放熱フィン厚0.4mm)を2ブロックで構成した”ツインタワー型”を継承。ヒートシンクはオフセットデザインで、メモリスロットへの干渉を回避させた。

また受熱ベースは銅製で、厚みのある高密度ベース構造を採用。酸化を防止するニッケルメッキ処理が施されたφ6mmヒートパイプは6本。搭載ファンは「KAZE FLEX 120mm PWMファン」で、フロントファンが薄型15mm厚(300±200rpm~1,200rpm(±10%)、騒音値2.7~23.9dBA、風量8.28~33.86CFM、静圧2.26~8.83Pa/0.23~0.9mmH2O)、中央が25mm厚(300±200rpm~1,200rpm(±10%)、騒音値4.0~24.9dBA、風量16.6~51.17CFM、静圧0.75~10.3Pa/0.0762~1.05mmH2O)をそれぞれ搭載。3基目の冷却ファンが搭載できる、ワイヤークリップも付く。

scfm-2000_1024x576

その他、リテンションはメタルバーを使用する「ブリッジリテンション」で、ネジ留め用ドライバーと高性能ハイエンドグリス「Thermal Elixer2」シリンジ(注射器タイプ)1g入りが付属。外形寸法はW137xD131xH154.5mm、重量1kg。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕
株式会社サイズ: http://www.scythe.co.jp

totop