エルミタ的一点突破 Vol.38

サイズ「風魔」検証

2015.10.27 更新

文:GDM編集部 松枝 清顕 / 池西 樹(テストセッション)

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 株式会社サイズ(本社:東京都江戸川区)より、オリジナルCPUクーラー「風魔」(型番:SCFM-1000)がリリースされた。従来モデルからの改良型ではなく、純粋なる新設計。標準で120mm口径ファンを2基搭載するツインタワーヒートシンクを採用し、オプションでトリプルファンの高エアフロー状態を作り上げる事もできる。さらに最大のトピックは、全高を149mmに抑えたところにあり、ハイエンドCPUクーラーを諦めていた中型PCケースにも収めることができる。
 そこで今回はいち早く評価サンプルを入手。期待の新製品を徹底検証してみよう。

サイズオリジナル設計のサイドフロー型CPUクーラー「風魔」

サイズ「風魔」(型番:SCFM-1000)
市場想定売価税抜6,980円(2015年10月21日出荷開始)
製品情報(株式会社サイズ

エルミタでは今年4月に検証を行った「忍者四」(型番:SCNJ-4000)以来、ひさしぶりにサイズのCPUクーラーを取り上げる。サイズといえば、2013年10月にリリースされた「虎徹」(型番:SCKTT-1000)の人気が未だに高く、ライバルモデルがなかなか太刀打ちできない状況が続いている。CPUソケット周辺と干渉しないナロー型ヒートシンクデザインの扱い易さに加え、手頃な価格も魅力的で、冷却性能と相まった高コストパフォーマンスこそ、支持を得ている理由であろう。

さて、先頃リリースされた「風魔」(型番:SCFM-1000)は、「虎徹」とは違ったアプローチのサイドフロー型CPUクーラーで、ヒートシンクは2つのブロックをヒートパイプが貫通するツインタワースタイルを採用。120mm口径ファンは2基を標準で装備し、さらに高冷却を狙うニーズに向け、最大で3基の冷却ファンが固定できるように設計されている。

サイズオリジナルのCPUクーラーでは、意外にもツインタワー形状のモデルは少ない。冷却ファンのマウント方法は異なるものの「峰2」(型番:SCMN-2000)がやや近い

大型サイドフローながら、全高はわずか149mmを実現

最大3基の120mm口径冷却ファンが搭載できる、ハイエンド指向の「風魔」。一方で全高が149mmに抑えられている点は、大きなトピックになるだろう。とかくこの手の高冷却CPUクーラーと言えば、全高が160mm程度になり、PCケースの搭載有効スペースが気になってくる。ところが「風魔」では150mmにも届かない高さに留め、これまでハイエンド・サイドフロー型CPUクーラーを諦めていた中型PCケースでの選択肢に、大いになり得るだろう。

全高を149mmに抑えることで、中型クラスのPCケースにも収めることができる。「風魔」はまさに、このクラスをもターゲットにした、ハイエンド指向のCPUクーラーというワケだ
サイズオリジナル製品と一目で分かる、黒基調の外装パッケージ。外形寸法は幅170×奥行き150×高さ200mm。環境に配慮したパッケージはすべて紙製でできている

totop