エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
ドスパラ、人気ゲーミングPCが1万円引きなど、特価商品多数の「半期決算売り尽くしセール」開催中
ドスパラ、クリエイター向けPC「raytrek-V」にKaby Lake搭載モデル2機種
ドスパラ、Kaby LakeとPascal構成の17.3インチゲーミングノート「GALLERIA GKF1050TNF」
Thunderbolt 3対応の外付けVGAボックス、PowerColor「DEVIL BOX」21日より発売開始
どこに眠ってた?Windows 7搭載のASUS製12インチスレートPC「Eee Slate B121」が新品(箱痛み品)で大量入荷
上海問屋、コーデュラナイロン素材採用のプロ仕様マウスパッド2種発売
ストーム、オリジナルケース採用のKaby Lake搭載PC「Storm Power Gamer Evolution G7」
スマホでディスプレイ表示をカスタマイズできるBluetoothスピーカー、Divoom「TimeBox」
わずか2ステップで組み立て完了。USB3.0対応の2.5インチHDD/SSDケースが玄人志向から
市販LEDストリップ対応のIntel B250マザーボード、BIOSTAR「RACING B250」シリーズ

HOTNEWS
● Pascal初のロープロ対応グラフィックスカード、MSI「GeForce GTX 1050 Ti 4GT LP」検証
● “2枚看板”の間を割って入るサイドフロー型CPUクーラー、サイズ「IZUNA」検証
● 独自機能で武装した新ハイエンドゲーミングマザー、MSI「Z270 GAMING M7」検証
● ハイエンド匹敵のポテンシャルが魅力。Kabylake世代の新アッパーミドルASRock「Z270 Gaming K6」
● Intelの新メインストリーム“Kabylake”はどう変わった?「Core i7-7700K」速攻チェック


1Pascal初のロープロ対応グラフィックスカード、MSI「GeForce GTX 1050 Ti 4GT LP」検証
2「問題はCPU」(1/14) ・・・複数関係者談談
3“2枚看板”の間を割って入るサイドフロー型CPUクーラー、サイズ「IZUNA」検証
4Intelの新メインストリーム“Kabylake”はどう変わった?「Core i7-7700K」速攻チェック
5ハイエンド匹敵のポテンシャルが魅力。Kabylake世代の新アッパーミドルASRock「Z270 Gaming K6」

Home > レビュー > 一点突破
サイズ「風魔」検証
エルミタ的一点突破 Vol.38

サイズ「風魔」検証


2015年10月27日
TEXT:GDM編集部 松枝 清顕 / 池西 樹(テストセッション)
RSS
 株式会社サイズ(本社:東京都江戸川区)より、オリジナルCPUクーラー「風魔」(型番:SCFM-1000)がリリースされた。従来モデルからの改良型ではなく、純粋なる新設計。標準で120mm口径ファンを2基搭載するツインタワーヒートシンクを採用し、オプションでトリプルファンの高エアフロー状態を作り上げる事もできる。さらに最大のトピックは、全高を149mmに抑えたところにあり、ハイエンドCPUクーラーを諦めていた中型PCケースにも収めることができる。
 そこで今回はいち早く評価サンプルを入手。期待の新製品を徹底検証してみよう。

サイズオリジナル設計のサイドフロー型CPUクーラー「風魔」

サイズ「風魔」(型番:SCFM-1000)
市場想定売価税抜6,980円(2015年10月21日出荷開始)
製品情報(株式会社サイズ

エルミタでは今年4月に検証を行った「忍者四」(型番:SCNJ-4000)以来、ひさしぶりにサイズのCPUクーラーを取り上げる。サイズといえば、2013年10月にリリースされた「虎徹」(型番:SCKTT-1000)の人気が未だに高く、ライバルモデルがなかなか太刀打ちできない状況が続いている。CPUソケット周辺と干渉しないナロー型ヒートシンクデザインの扱い易さに加え、手頃な価格も魅力的で、冷却性能と相まった高コストパフォーマンスこそ、支持を得ている理由であろう。

さて、先頃リリースされた「風魔」(型番:SCFM-1000)は、「虎徹」とは違ったアプローチのサイドフロー型CPUクーラーで、ヒートシンクは2つのブロックをヒートパイプが貫通するツインタワースタイルを採用。120mm口径ファンは2基を標準で装備し、さらに高冷却を狙うニーズに向け、最大で3基の冷却ファンが固定できるように設計されている。

サイズオリジナルのCPUクーラーでは、意外にもツインタワー形状のモデルは少ない。冷却ファンのマウント方法は異なるものの「峰2」(型番:SCMN-2000)がやや近い

大型サイドフローながら、全高はわずか149mmを実現

最大3基の120mm口径冷却ファンが搭載できる、ハイエンド指向の「風魔」。一方で全高が149mmに抑えられている点は、大きなトピックになるだろう。とかくこの手の高冷却CPUクーラーと言えば、全高が160mm程度になり、PCケースの搭載有効スペースが気になってくる。ところが「風魔」では150mmにも届かない高さに留め、これまでハイエンド・サイドフロー型CPUクーラーを諦めていた中型PCケースでの選択肢に、大いになり得るだろう。

全高を149mmに抑えることで、中型クラスのPCケースにも収めることができる。「風魔」はまさに、このクラスをもターゲットにした、ハイエンド指向のCPUクーラーというワケだ
サイズオリジナル製品と一目で分かる、黒基調の外装パッケージ。外形寸法は幅170×奥行き150×高さ200mm。環境に配慮したパッケージはすべて紙製でできている

次は...  「風魔」外観スタイルチェック

1 2 3 4 5 6 7

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us