AMD Radeonブランドより、「Barefoot 3 M00」採用のSATA3.0 SSD「Radeon R7 SSD」発表

2014.08.19 19:30 更新

2014.08.19 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
SSD
AMD(本社:アメリカ・カリフォルニア州)およびOCZ Storage Solutions(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2014年8月19日、「Barefoot 3 M00」コントローラを採用するSATA3.0(6Gbps)対応SSD「Radeon R7 SSD」シリーズを発表した。容量は120GB、240GB、480GBの3モデルがラインナップされる。
  • AMD Radeonブランドより、「Barefoot 3 M00」採用のSATA3.0 SSD「Radeon R7 SSD」発表
  • AMD Radeonブランドより、「Barefoot 3 M00」採用のSATA3.0 SSD「Radeon R7 SSD」発表

「Barefoot 3 M00」と東芝製A19nm MLC NANDを採用

Radeon R7 SSDシリーズ
RADEON-R7SSD-120G(120GB)/RADEON-R7SSD-240G(240GB)
RADEON-R7SSD-480G(480GB)
http://ocz.com/consumer/radeon-r7-sata-3-ssd

AMDが展開するRadeonブランドより、ゲーマー向けを謳うSATA3.0(6Gbps)対応SSD「Radeon R7 SSD」シリーズがリリースされた。容量ラインナップは120GB、240GB、480GBの3モデルがラインナップされる。

開発を手がけるのはOCZ Storage Solutionsで、コントローラには上位モデル「Vector 150」シリーズと同じ「Barefoot 3 M00」を搭載。NANDフラッシュは東芝製第2世代19nm MLC(A19nm MLC)が採用され、独自フラッシュ管理技術により、1日あたり30GB書き込みに4年間耐えられる、高い耐久性と信頼性を実現した。

「Vector 150」「Vertex 460」の間を埋めるハイパフォーマンスモデルという位置付け

転送速度は容量によって異なるが、シーケンシャル読込最高550MB/sec、書込530MB/sec、ランダム読込100,000 IOPS、書込90,000 IOPS。また長期運用時でもパフォーマンス低下が少ないのも特徴で、480GBモデルでは定常状態でも23,000 IOPSの高速アクセスを可能にした。

その他、256bit AES暗号化、最大44bit/1KBのBCH ECC(誤り訂正機能)、ガーベッジコレクション、TRIM、S.M.A.R.Tなどに対応。消費電力はアイドル時0.6W、アクティブ時2.70W。外形寸法は、W69.75×L99.70×H7.00mm、重量115gで、MTBFは230万時間とされる。なお各モデルの公称転送速度は以下の通り。

文: GDM編集部 池西 樹
AMD: http://www.amd.com/
OCZ Storage Solutions: http://ocz.com/

totop