Greenliant、電源保護回路搭載のmSATA SSD「mSATA ArmourDrive」出荷開始

2014.04.10 10:37 更新

2014.04.09 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
SLC
Greenliant Systems, Ltd(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2014年4月9日(現地時間)、電源保護回路機能を搭載させたmSATA SSD「mSATA ArmourDrive」シリーズの出荷開始を発表した。NANDフラッシュはSLCとMLCが選択でき、容量は8GB~64GBまでラインナップされる。
  • Greenliant、電源保護回路搭載のmSATA SSD「mSATA ArmourDrive」出荷開始

停電時でもデータを維持できる電源保護回路を搭載

昨年7月のプレスリリースにて一報をお届けした、電源保護回路機能を搭載するmSATA SSD「mSATA ArmourDrive」の出荷が開始された。

「mSATA ArmourDrive」では、基板上に電源障害検出ICと、バックアップ電源回路が内蔵され、停電や瞬電からデータ保護。また軍事基準に準拠したデータ消去機能やユーザーが自由に設定できるデータ保護領域設定機能により、データ流出を防止することができる。

インターフェイスはSATA2.0(3Gbps)、転送速度は読込110MB/sec、書込60MB/secで、NANDフラッシュはSLC(8GB~32GB)とMLC(8GB~64GB)を選択可能。外形寸法は、W29.85×D50.8×H4.85mmで、-40℃~85℃までの広い温度域をサポートする。

文: GDM編集部 池西 樹
Greenliant Systems, Ltd: http://www.greenliant.com/

totop