エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.410

シグリードが贈る注目の国産SSDコントローラ 「SL2007」実力検証

2015.04.23 更新

文:GDM編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
SSD
 今年3月、パソコンショップアークにて、株式会社シグリード(本社:神奈川県横浜市)製コントローラ「SL2007」を搭載したSATA3.0(6Gbps)SSDが展示された。MarvellやSeagate(旧SandForce)、OCZなど海外メーカーが優勢なコンシューマ向けSSD市場では珍しい純国産コントローラだけに、注目しているユーザーも少なくないだろう。そこで、今回はシグリード協力のもと、いち早く完動サンプルを借り受け、各種ベンチマークによりその気になるポテンシャルを検証していくことにしよう。
シグリード「SL2007」搭載SSD(実動サンプル)
製品情報(シグリード

強力な誤り訂正符号技術を備えたSATA3.0(6Gbps)SSDコントローラ「SL2007」

シグリードより借り受けた実動サンプル。基板はむき出しの状態で、フォームファクタは2.5インチサイズ

株式会社シグリードは、神奈川県横浜市に本拠地を置くLSIのファブレスデザインハウス。精密なシミュレーションを得意としており、性能・コスト・安定性を兼ね備えたLSIの設計・開発・販売の他、信号処理アルゴリズムの研究・開発や、IP(Intellectual Property)の開発・設計・販売などを手がけている。

3月にアークにて行われた展示では、SSDの他、NANDフラッシュを解析するメモリテスタ「SigNASII」のデモも行われていた

そして今回の主役となるのが、同社が開発したSSDコントローラ「SL2007」だ。非常に強力な独自「誤り訂正符号(ECC)技術」を搭載し、BCH方式に比べてNANDフラッシュメモリの寿命を5倍に拡大。これにより急速に微細化が進む、最新NANDを使用した場合でも従来と同等以上の信頼性と耐久性を実現する。

強力な「誤り訂正符号(ECC)技術」により、NANDフラッシュのデータ保持期間を5倍に拡大。また誤り訂正を可変にすることで、幅広い世代のNANDフラッシュをサポートする

インターフェイスはSATA3.0(6Gbps)、キャッシュメモリはDDR3/DDR3Lで、最大1GBまで実装可能。データ書込方式はSLC/MLC/TLC、インターフェイスはAsynch、Synch、ONFI3.1、Toggle2.0(いずれも最大200MT/s)がサポートされ、誤り訂正を可変にすることで、製造プロセス3Xnmから1Ynmまで、幅広い世代のNANDフラッシュに対応する。

シグリード「SL2007」のブロックダイアグラム図。なおパッケージを441pin LFBGAから529pin LFBGAに変更した「SL2008」もラインナップされる

公称転送速度はシーケンシャル読込550MB/sec、書込450MB/sec。最大容量は2TBで、動的/静的ウェアレベリング、AES-256/128bit暗号化、NCQ、S.M.A.R.T.などの機能に対応する。なお詳細スペックについては以下の表を参照のこと。

totop